【日本代表】西野ジャパンとの違いは? 槙野智章が語る「森保ジャパンの魅力」 

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年09月11日

「人の動きとボールの動かし方が全然違う」

森保ジャパンの初陣での戦いぶりを槙野はどう評価したか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 コスタリカを3-0で下した森保ジャパンの初陣を終えると、槙野智章は「良かったと思います。出来過ぎというぐらい、(森保)監督のやろうとしていることを出せました」と明るい表情で話した。
 
 「監督のやろうとしていること」──。それを槙野は次のように説明してくれた。
 
「まずはビルドアップの部分。GKからしっかりとボールをつなぐということですね。あとは(パスを)縦につけるところのコンビネーション。(浅野がドリブルで抜け出して最後は伊東が決めた)3点目が象徴していますけど、ひとつのボールに対して何人もの選手が同じイメージを描くことによって、良いコンビネーションが生まれたと思う」

 
 では、ロシア・ワールドカップを戦った西野ジャパンのサッカーと、コスタリカ戦での森保ジャパンの違いはどこにあったのか。
 
「人の動きとボールの動かし方が全然違いますね」
 
 それは具体的にどういうことなのか。
 
「西野さんの時は相手が非常にレベルの高い相手ということもありましたけど、今回のほうが青山選手と遠藤選手のボランチコンビがボールを引き出す意識、前に行く意識は高かった。あとはGKの東口選手を含めて(コスタリカ戦では)ビルドアップも求められていたので、そのあたりも大きく変わったという印象があります。
 
 それから、前線の選手にボールが入った局面での距離感やイマジネーションの部分でも違いがありました。ひとつボールが入ると、複数の選手が質の高いフリーランニングを見せてくれた。例えば中島選手が(左サイドで)ボールを持った時もボックス内で危険な走りをしている選手もいました。堂安選手もゴールになってないけど、いろんな選手が幅と深みを持った動きをしてくれた」
 
 ロシア・ワールドカップの試合と今回のコスタリカ戦では単純比較できないが、槙野の証言を頼りにするなら、ビルドアップ、3人目の動きなど攻撃面で新たな可能性が見えたということだろう。
 
 欧州組がおそらく合流するだろう10月シリーズからがいわゆる本番。森保監督がここからチームにどんな味付けをしていくのか注目したい。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本 3-0 コスタリカ|南野、伊東の代表初ゴールなど、3ゴールで森保監督初陣を勝利で飾る!守備陣は無失点!

【日本代表PHOTO】試合後、サポーターの声援に応える森保ジャパン!

【PHOTO】日本×コスタリカの美女サポーターたち!!

【中島翔哉PHOTO】これが日本の新10番!終始観客を魅了するプレーを見せた中島のPHOTOギャラリー!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ