森保ジャパンのオープニング弾はオウンゴール!中島翔哉のCKから日本代表が先制!!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月11日

中島のCKに反応した佐々木が頭でラストパスを送り、オウンゴールを誘発!

10番を託された中島が高質なCKから先制弾を演出した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 国際親善試合の日本代表対コスタリカ代表は9月11日、パナソニックスタジアム吹田で19時20分にキックオフされた。

 このコスタリカ戦が就任後初の公式戦となる森保一監督。注目のスタメンには、GKに東口順昭、最終ラインは右から室屋成、槙野智章、三浦弦太、佐々木翔を起用した。ボランチには遠藤航と青山敏弘を配置し、2列目は左に中島翔哉、右に堂安律、FWは引いた位置に南野拓実、最前線に小林悠を据えた。
 
 日本代表は立ち上がりからアグレッシブに攻撃を展開する。北中米の雄・コスタリカと前半から好勝負を見せると、16分に森保ジャパンにオープニングゴールが生まれる。

 右サイドで南野がCKを獲得すると、中島がゴール前に絶妙なボールを供給。これに反応した佐々木が頭でラストパスを送る。ペナルティエリア内で構えていた小林には通らなかったが、相手DFのクリアがオウンゴールとなり、日本代表が幸先よく先制した。

 その後も粘り強く戦い、日本代表が1-0でリードしている。

【日本代表PHOTO】日本 3-0 コスタリカ|南野、伊東の代表初ゴールなど、3ゴールで森保監督初陣を勝利で飾る!守備陣は無失点!

【PHOTO】日本×コスタリカの美女サポーターたち!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ