コスタリカ戦をどう戦う?森保監督は西野ジャパンから得た“教訓”を強調

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年09月10日

「規律を守り、協力し合う日本人の良さはもちろんですけど」

コスタリカ戦の前日会見に臨んだ森保監督。初陣ではどんな采配を見せるのか。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「ロシア・ワールドカップにスタッフとして帯同させていただいて、前監督の西野さんがチームに働きかけたアプローチは素晴らしいなと思った。自分なりに、その機会に経験させていただいたこと、学ばせていただいたことを、チームに落としこんでいきたい」
 
 日本代表を新たに率いている森保一監督は、翌日にコスタリカ戦を控える9月10日、前日会見に出席。そこで、ロシア・ワールドカップでベスト16に導いた西野朗前監督を称賛した。
 
 西野監督の傍らでコーチとして働いた森保監督は、どんな教訓を得たのだろうか。ワールドカップから引き続き、現チームへと落とし込んでいく部分のひとつが、『日本人らしさ』だという。
 
「はっきりとした定義はなくても、『日本人らしく』というのは、なんとなく感覚で分かるところはある。ひたむきに戦うところ、タフに粘り強く最後まで戦い抜くところ。サッカー、そしてスポーツを観ている方にいろんなメッセージをお届けするのに1番必要な部分かなと思います。そこはロシアのワールドカップでもチームとして出来ていた部分、そこはやっていきたい。そして、日本人が持っている技術に自信を持ってやること、勇気をもってトライしていくことを選手には求めていきたい」
 

 コスタリカ戦も含めて今後の代表チームにとって、西野前監督も強調していた「日本人らしさ」がひとつの指針となる。森保監督は続けて言う。
 
「また規律というところ。チームコンセプトの中で、攻守に連係・連動して戦っていく部分は世界で通用するなと思っていた。そこは出していきたい」
 
 ロシア・ワールドカップでは、規律・統制のとれたチームワークで、コロンビアや、ベルギーなどビッグタレントを擁する国と渡り合った。「日本人らしさ」という点を重視するなら、“組織力”は欠かせないポイントだ。
 
 もっとも森保監督が目指すのは、「対応力のあるチーム」。様々な変化に柔軟に応じるためには、組織力だけでは心許ない。当然、個人の力は求められる。
 
「規律を守り、協力し合う日本人の良さはもちろんですけど、ロシア・ワールドカップでチームを見ていて良かったなと思うのが、やっぱりそれぞれの個の力があったこと。だからこそ、どの国と戦っても対等に良い戦いができていたと思う。なので、(このチームにも)個の力も組織力、両方求めていきたいです」
 
 初陣となるコスタリカ戦を、指揮官はどのように戦うのか。その手腕に注目したい。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
【関連記事】
【セルジオ越後】日韓戦の敗因は“ピッチ外”のコミュニケーション不足!! 会長はJリーグともっと話せばいい
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たち❤
【日本代表】森保一監督がコスタリカ戦へ意気込み。気になるシステムについては…
森保スタイルを最もよく知る男、青山敏弘が明かすイメージ「ゆっくりでも速くなる」
日本代表の注目タレント!19歳の”規格外CB“冨安健洋の威圧感が尋常じゃない

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ