【J1 リーグ再開!】週刊サッカーダイジェスト担当記者のチーム展望 G大阪編

カテゴリ:Jリーグ

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年07月17日

気掛かりは加地が抜けた右SBをカバーできるか。

戦列に復帰してから調子を上げている宇佐美。ゴール量産に期待がかかる。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 7月15日に12節の延期分2試合が行なわれたJ1リーグは、19日の15節・9試合で本格的に再開する。『週刊サッカーダイジェスト』の編集部が、いよいよリスタートするJ1リーグ各チームの現況をお伝えする。
 
 14節終了時で、16位のG大阪を展望するのは、大木勇記者だ。
 
Q1
リーグ序盤戦(14節終了時)の採点。結果・内容から100点満点で何点?
A1
10点。
 宇佐美が開幕前に負傷離脱したとはいえ、16位という成績はあまりにも不甲斐ない。G大阪らしい攻撃サッカーは鳴りを潜め、新たな得点源として期待されたリンスも上手くフィットせず。大森や阿部ら若手が奮起した以外、評価できる部分は少ない。
 
Q2
リーグ再開に向けてのチームの強みは?
A2
 なんと言っても、エースの宇佐美が調子を上げているのは心強い。5月上旬に復帰したとはいえ、その時点ではまだ6、7割の状態だっただけに、中断期間を経てコンディションは着実に上がっている。2トップの相棒として期待される倉田も好調をキープしており、好調の2トップは強みだろう。
 
Q3
夏場以降に懸念される弱みは?
A3
 加地の抜けた右SBは気掛かりなポイントのひとつ。オ・ジェソクや米倉が控えているとはいえ、ベテランが移籍した穴は小さくない。右SBが一定の安定感を保てなければ、そこをピンポイントで狙われる可能性もある。

15節・甲府戦の予想スタメン

画像を見る

Q4
再開後のリーグ戦で、キーマンとなる選手は誰?
A4
宇佐美貴史/FW
大森晃太郎/MF
 攻撃面でキーマンとなるのは、92年組コンビの宇佐美と大森だ。宇佐美は得点量産が期待され、大森は豊富な運動量でかき回す役割を与えられている。活きの良いふたりに加えて、倉田や阿部ら中堅も奮起すれば、攻撃面は間違いなく改善されるだろう。
 
Q5
15節・甲府戦の見どころは?
A5
 リーグ再開後の巻き返しへ攻撃面の改善に着手し、ボールを奪ってから素早くゴールに迫る速攻に磨きをかけた。基本はポゼッションサッカーとなるはずだが、ボール奪取後に宇佐美と倉田のスピードを活かし、手数をかけずに崩す形が見られるか。
【関連記事】
7月15日にJ1リーグ再開!! 全18チームの現状をレポート
J1後半戦へのビジョン|G大阪編|生え抜きコンビの奮闘が浮上への鍵を握る
柿谷曜一朗、涙の国内ラストゲーム。セレッソへの溢れる思いを抑え切れず……
【2014 J1結果・採点|14節】FC東京対G大阪
【2014 J1結果・採点|13節】名古屋対G大阪

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ