イニエスタとポドルスキがいながら…神戸が抱える“由々しき問題”

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2018年08月27日

24節終了時点で31得点は、リーグ9位タイ

横浜戦でフル出場したイニエスタはチャンスメイクに尽力。しかしこの日はゴールを生み出せず。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ24節]神戸0-2横浜/8月26日/ノエビアスタジアム神戸
 
 ヴィッセル神戸はJ1の24節で横浜F・マリノスに0-2の敗戦。アンドレス・イニエスタとルーカス・ポドルスキが揃って先発して敗れたのは、この試合が初めて。勝敗を分けたのは、紛れもなく決定力の差だった。
 
 神戸が放ったシュート数は前後半合わせて18本。7本だった横浜の2倍以上の数だ。元スペイン代表のイニエスタ、元ドイツ代表のポドルスキを中心に攻撃を組み立て、再三、横浜ゴールを脅かした。それでも――。結局ノーゴールに終わった神戸は逆に、横浜に数少ない決定機をモノにされたのである。
 
 吉田孝行監督が「数多くのチャンスを自分たちは作れたと思う。やっぱりサッカーはゴールを多く決めたほうが勝つが、そこの部分が足りなかった」と振り返れば、選手たちも口を揃えて、フィニッシュの精度を嘆いた。
 
「単純にボールを持つだけじゃダメだし、最後のゴールのところを解決しなければいけないことは明確」(ポドルスキ)
 
「あれだけチャンスを作っていて、自分たちが先に決めることもできたはずでした。決めるべき時に決めないと、やっぱりああやって仕留められてしまう」(三田啓貴)
 
 課題は明らかだ。
 
 イニエスタとポドルスキの他、屈強なブラジル人FWウェリントン、今季注目度ナンバーワンのルーキー郷家友太など、多士済々な攻撃陣が不発だったのは、由々しき問題。この夏にガンバ大阪から加入したFWの長沢駿も、この横浜戦で途中出場して終盤に立て続けに決定機を得たが、枠を捉えられなかった。
 
「イニエスタからパスを受けて、トラップまでは完璧だった。GKの動きもすべてが見えていて、ちょこんと浮かせば入る形だったんですけど……そこの感覚というか、ちょっと当てすぎちゃった感じがあった。あれを決めていれば、違う形になったと思う」
 
 たかが、横浜戦の1試合でたまたま点が入らなかっただけ、と見過ごしてはいけないだろう。24節終了時点で31得点は、清水と並んでリーグ9位タイの数字で、現在5位という位置を考えると、物足りない。ゴール数を増やすためには、長沢が言うような細かな感覚の意識を研ぎ澄ます必要がある。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ