「なぜ審判がPKを取らなかったか理解できない」横浜のポステコグルー監督が判定に憤り

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月30日

試合終盤に2度の微妙なプレーがあったが…

ポステコグルー監督は、「負けに値するような試合ではなかった」と胸を張った。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 [J1リーグ18節]横浜1-2清水/8月29日/日産ス
 
 J1リーグ18節の横浜F・マリノス対清水エスパルスが29日、日産スタジアムで行なわれ、1-2でホームの横浜が敗れた。
 
 開始2分にセットプレーからドゥシャンが先制点を奪った横浜だったが、27分に金子翔太、49分にドウグラスにゴールを許し、無念の逆転負け。試合後のフラッシュインタビューに応じた横浜のアンジェ・ポステコグルー監督は、「試合の入りは良かったですし、2-0にできるチャンスもありました。そこを決めていれば、ゲームオーバーだったと思います」と振り返り、さらに次のように続けた。
 
「審判がなぜPKをジャッジしなかったか理解できません。我々はポストにもあたったシュートもありましたし、ビハインドのなかでもチャンスを作れていました。負けに値するような試合ではなかったと思います」
 
 66分にドゥシャンが2枚目の警告を受けて退場になり、横浜は数的不利に陥った。それでも前がかりに攻め続け、71分には仲川輝人がエリア内で松原后のスライディングを受けて倒れる。しかし、主審の笛はなし。さらに、73分にウーゴ・ヴィエイラがエリア内でGK六反勇治と接触するも、シミュレーションを取られて警告を受けた。
 
 どちらかひとつでもPKを取れていたら同点に追いつけていただけに、ポステコグルー監督も納得ができなかったようだ。
 
 横浜はこの黒星で今季12敗目。勝点26の15位で、J1参入プレーオフに回る16位の鳥栖とは、わずか勝点1差だ。「戦い続けるだけです。土曜日にも試合があるのでそこに向けて準備します」と指揮官は気丈に前を向いたが、現状は厳しい。

 横浜の次節は中2日で迎える9月1日の柏戦。浮上のきっかけとなる勝利が欲しいところだ。
【関連記事】
【横浜】あれはPKじゃないのか? 倒された仲川輝人の感触は「完全に引っかかった」
久保建英の2戦連発はならず…清水に1-2で敗れた横浜、残留争い"待ったなし"
「日本は脆弱だ!」「負けるわけがない」韓国紙の“森保ジャパン評”が驚くほど手厳しい!
【アジア大会】上田綺世がまたしても殊勲弾!韓国との決勝も「負ける気がしない!」
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ