久保建英の2戦連発はならず…清水に1-2で敗れた横浜、残留争い"待ったなし"

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月29日

数的不利でも攻め続けたが…

久保はこの日もスタメン出場したが、2試合連続ゴールとはならなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ18節]横浜1-2清水/8月29日/日産ス
 
 台風12号の影響で延期になっていたJ1リーグ18節の横浜F・マリノス対清水エスパルスが29日、日産スタジアムで行なわれ、アウェーの清水が2-1で勝利した。リーグ戦2試合連続で先発出場した横浜の久保建英は、56分に途中交代でピッチをアウト。2試合連続ゴールはならなかった。
 
 試合は立ち上がりに動いた。先制したのは横浜だ。左サイドで得たCKで天野純がクロスを上げると、中央のドゥシャンが右足で合わせる。このボールがニアサイドにいた清水のクリスランに当たってゴールに吸い込まれた。
 
 対する清水は、27分に松原后が左サイドを抜け出してマイナスのクロスを供給し、これを金子翔太が左足で合わせて同点弾を沈める。さらに後半立ち上がりの49分に、ショートコーナーから金子がクロスを上げ、ドウグラスが胸トラップから鮮やかなジャンピングボレーを突き刺して逆転に成功した。
 
 なんとか追いつきたい横浜は攻撃の手を強めるも、思うように前線にボールが渡らない。アンジェ・ポステコグルー監督はこの状況を変えようと、56分に久保建英を下げ、仲川輝人をピッチへ送り込む。さらにDFを削ってFWユン・イルロクを投入した。
 
 横浜は66分にドゥシャンが2枚目の警告で退場になりながらも、リスク承知で前がかりに攻め続ける。85分にはウーゴ・ヴィエイラがポスト直撃のヘッドを放つなど、終盤にチャンスを量産。しかし、ついに1点が奪えず、そのまま1-2で敗れた。

 24試合を終えた時点で、横浜は勝点26の15位。J1参入プレーオフに回る16位のサガン鳥栖とはわずか勝点1差で、残留争い待ったなしの状況に追い込まれている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ