• トップ
  • ニュース一覧
  • アジア大会の「決勝は韓日戦」と韓国メディアが予想!「体力的には日本が優位」だが「オーバーエイジは韓国が圧倒」とも

アジア大会の「決勝は韓日戦」と韓国メディアが予想!「体力的には日本が優位」だが「オーバーエイジは韓国が圧倒」とも

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2018年08月29日

サウジ戦で2点を挙げた岩崎と2アシストの前田を称賛

2ゴールを決めた岩崎の活躍を評価するメディアが目立った。写真:徳丸篤史

画像を見る

 U-21日本代表は8月27日、アジア大会の準々決勝でサウジアラビアと対戦し、2-1で勝利した。この結果は、韓国でも報じられている。
 
「日本、サウジを2-1で下し4強進出」(『ソウル経済』)
「日本、サウジに完勝しアジア大会4強…中国に勝ったサウジを倒す」(『MBN』)
 
 といった具合で、特にこの日2得点を決めた岩崎悠人と、2アシストを挙げた前田大然に注目するメディアが多い。
 
「“ユウトが2ゴール”日本、サウジに2-1で勝利し4強進出」と題した『sportalkorea』の記事は、31分の岩崎の先制ゴールについて、「GKが出てきたのを見て正確なシュートを放つと、ボールはゴールの隅に吸い込まれた」と報じている。73分の勝ち越しゴールについては、左サイドを突破した前田のクロスが「完璧だった」とし、岩崎のシュートも正確だったと評価した。
 
 また、『OSEN』は先制ゴールの場面に着目。「前田が相手守備との熾烈なボールの奪い合いの末にパスをつなぎ、岩崎が冷静沈着にゴール隅に決めた」と伝えている。

 そのほかにも、「日本の勝利の主役は2ゴールを挙げた岩崎悠人だった」と報じた『THE FACT』など、岩崎と前田の活躍を取り上げるメディアは数多い。
 試合展開を詳しく報じるメディアもあった。
 例えば、『Interfootball』は、「日本が前半から相手を強く圧迫し、先制ゴールを挙げた」と伝え、1-1の同点で折り返した後半にも、日本は攻撃の手を緩めなかったと報道。56分と58分の旗手怜央のシュートが「惜しかった」とし、73分に再びリードされたサウジは「焦って攻撃的になったが、得点を奪えなかった」と綴っている。
 
 そんな韓国メディアの報道のなかでも特に目を引いたのは、日本と韓国が決勝で対戦する可能性に言及した記事だ。
 
 韓国は同日に行なわれた試合でウズベキスタンに勝利。29日にベトナムとの準決勝を控えるなか、「決勝は韓日戦?」(『デイリーアン』)などと伝えるメディアがあるのだ。
 
「韓国・日本の決勝シナリオ“体力は日本が優位…オーバーエイジは韓国が圧倒”」とした『メイル新聞』の記事は、「ベトナムは韓国の格下、日本が対戦するUAEはアジアの強豪とはいえない。韓国と日本が決勝で対戦すると予想される」としながら、決勝で日韓戦が実現した場合、「体力的には日本が優位といわざるをえない」と分析した。
 
【関連記事】
イニエスタ、新幹線移動に感動!? グリーン車の隣席で笑顔を見せている僚友は…
「ホンモノの女神だ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが約3か月ぶりに新たな自撮り写真を公開!
「美しき新女王が誕生」「圧巻の3ゴール!」フランス紙が世界一のヤングなでしこを大絶賛!
【J1ベストイレブン】規格外の決定力! 今季2度目のハットトリックを達成したジョーが最高評価! F・トーレスも初選出|24節
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ