「クビにしたのは狂ったチェルシーだけ…」モウリーニョ解任に反対の元ユナイテッドDFは宿敵を批判!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月28日

「チェルシーでは誰もが少しだけ早く死ぬ」

モウリーニョ(左)の早期解任に反対するG・ネビル(右)はユナイテッドの宿敵を引き合いに持論を展開した。 (C) Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・ユナイテッドは、現地8月27日に行なわれたプレミアリーグ第3節で、トッテナムにホームで0-3と敗れた。前節に続く黒星で連敗を喫したユナイテッドは、1992-93シーズン以来となる開幕3戦2敗という苦しい出だしとなった。

 当然、ポルトガル人監督ジョゼ・モウリーニョの立場はますます厳しくなっている。だが、クラブOBのギャリー・ネビルは、昨シーズン途中にクラブが契約を延長した指揮官をシーズン中に解任すべきではないと主張した。

 G・ネビルは、自身が解説者を任されている英衛星放送『Sky Sports』の番組内で、「時代が違うことや、困難や挑戦があるのは受け入れる。だが、私は正直、わずか7、8か月前にエド・ウッドワード(CEO)が新契約を結んだのなら、最後までモウリーニョが仕事すべきという立場だ」と持論を展開した。

「今はユナイテッドにとって危機に備える時だ。そして、モウリーニョとウッドワードは問題があるなら自分たちで解決すべきだ。残されたシーズンに向けて適切なチームとしなければいけないんだ。クラブはどんな個人よりも大きいからね。内部対立や政治闘争している場合じゃない。彼らは自分たちで解決すべきだ」

 さらにG・ネビルは、「彼はインテルやポルトで契約を全うした。マドリーでもね」と、シーズン途中にモウリーニョ監督を解任したのがチェルシーだけだと厳しく指摘している。

「解任されたのはチェルシー時代だけだ。そして、チェルシーは狂ったクラブだ。チェルシーでは誰もが少し早くに死ぬ。そういうタイプのクラブなんだ。モウリーニョはマドリーで苦しんだが、契約を最後まで終えた。私はシーズン中に(解任が)あるとは思わない」

 そして、G・ネビルは「監督交代を叫び始めるには、まだ早すぎる。開幕して3試合だ」と続けた。

「モウリーニョには今シーズンを全うさせなければいけない。そして、彼がうまくやったら、来シーズンも彼でいくべきだ。契約が終わるまでね」

 監督として1つのクラブで4シーズンを戦いきったことがないモウリーニョ。クラブを取り仕切るウッドワードCEOとの対立報道も絶えないが、ユナイテッドで今シーズンの終わりまで指揮を執ることができるだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ