• トップ
  • ニュース一覧
  • 【横浜】久保だけではない!ついに覚醒した“ハマのスピードスター”仲川輝人に注目すべし!

【横浜】久保だけではない!ついに覚醒した“ハマのスピードスター”仲川輝人に注目すべし!

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年08月27日

ゴールを呼び込んだのは積極性だった

64分に久保と代わって途中出場。ピッチを縦横無尽に駆け回り、攻守に奮闘した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ24節]神戸0-2横浜/8月26日/ノエビアスタジアム神戸
 
 仲川輝人がプロ4年目にして、ついに覚醒の時を迎えている。
 
 今年7月に26歳を迎えた仲川は161センチと小柄ながら、風を切るような快足が武器のアタッカー。専修大では3年次に関東大学リーグの得点王に輝き、ユニバーシアード代表にも選出され、“有望株”と謳われていた。しかし、右膝の大怪我を乗り越えて2015年にプロ入りした後は、長らく苦難の時間を過ごすことになる。
 
 横浜でのルーキーイヤーはリーグ戦2試合・0得点。翌年は夏にレンタル移籍したJ2の町田でロングカウンタースタイルにフィットして、12試合・3得点と存在感を示したものの、横浜に復帰した2017年はJ1で出場なし。夏から加入した福岡で18試合に出場も、ノーゴールに終わっていた。
 
 しかし、今季は一転、アンジェ・ポステコグルー監督の下で9節の湘南戦から出場機会を得ると、自慢のスピードを活かして24節の神戸戦までに5得点。15節の長崎戦ではプロ入り後初の2ゴールを挙げるなど、小さくないインパクトを残している。
 
 右太ももの怪我から回復して3試合ぶりのリーグ戦となった神戸戦でも仲川は躍動した。先制点を決めた久保建英に代わり途中出場すると、すぐさまトップギアに入れ、フルスロットルでピッチを駆け回る。
 
 最大の輝きを放ったのは、85分だった。ロングカウンターから相手のクリアミスを見逃さずいち早く反応すると、落ち着いてゴールに流し込み、チームの2点目を奪取。勝利を大きく引き寄せた。
 
「こぼれ球でしたけど、あそこにいることが大事でした。ウーゴもプレスをかけてくれたので、GKとカバーに来たDFを見て、冷静に流し込むだけでした」
 
 追加点を呼び込んだのは、チャンスと見ればグングンとスピードを上げてゴールに突き進む積極性だった。強気な姿勢には低迷するチームを救う覚悟のようなものが見て取れた。
 
「途中出場でしたけど、チームの勝利のために、100㌫以上の力を出さないといけなかった。その中で自分の持ち味を出していこうと考えて臨みました。それが得点につながったことは嬉しかったですし、チームとしても本当に良かったかなと思います」
 
 久保のゴールが取り上げられがちだが、確かな成長の跡を示していた仲川の働きもまた見逃せなかった。横浜には俺もいる――。そんな強い意志が感じられたファインゴールだった。
 
 神戸戦に勝利したものの、チームは残留争いの真っ只中。横浜の浮上の鍵は、この“ハマのスピードスター”が握っているかもしれない。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
【関連記事】
【セルジオ越後】久保建英のアシストに騒ぎすぎ。他に取り上げるべき選手はいると思うよ
【J1採点&寸評】神戸0-2横浜|主役の座を奪う活躍!“鮮烈弾”を決めた久保の評価は?
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たち❤
横浜のポステコグルー監督が久保建英の才能を称賛!「素晴らしい」と語ったポイントは?
イニエスタとポドルスキがいながら…神戸が抱える“由々しき問題”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ