J1初弾の久保建英、インタビューで興奮抑え切れず!?「すみません、長くなっちゃって(笑)」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月26日

インタビューで自身のゴールシーンを克明に振り返る

ついにJ1リーグ初ゴールを奪った久保。興奮冷めやらぬ様子でインタビューに応えた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ24節]神戸0-2横浜/8月26日/ノエスタ

 注目の17歳がついにJ1リーグ初ゴールを挙げた。


 神戸戦で移籍後リーグ初先発を飾った久保建英。前半こそ「ピッチが滑ったり、あまりいい形でボールを受けられなかった」というものの、後半立ち上がりに輝きを放った。56分、右サイドの松原からのパスを受けた15番は、左足でワントラップを入れると、すかさず利き足の左足を一閃。ハーフボレーで放たれたシュートがゴール右隅に決まった。

 バルセロナの下部組織・カンテラ出身の17歳。J1リーグ戦初ゴールは、巡り巡って同じカンテラ出身で元バルセロナのレジェンド、アンドレス・イニエスタの眼前での一発となった。

 試合は久保の一発が決勝点となり、横浜が2対0で勝利。試合後、フラッシュインタビューに応じた久保は、興奮冷めやらぬといった様子で自身のゴールを振り返る。途中、説明が長くなりすぎたと感じたのか、「すみません、長くなっちゃって(笑)」と苦笑いを見せる場面もあったが、前述した前半の不安定なピッチ状況から、後半の展開予測、松原とのパス交換の状況説明など、克明にゴールシーンを振り返ってみせた。

 さらに、イニエスタらとの対戦については、「終わっちゃったから言いますけど、イニエスタ選手だったり、ポドルスキ選手だったり、ウェリントン選手だったり、やっぱり外国特有の強さや間合いが凄かった。一回当たったんですけど、めっちゃシュートが痛くて。ポドルスキ選手にはビックリしました」と、バルセロナ時代に憧れていたであろう選手との対戦を生き生きと語っていた。

【神戸0-2横浜 PHOTO】久保のJ1初ゴールが決勝点!! F・マリノスが競り勝つ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ