「女王をねじ伏せた!」「甘美なドライブ弾」AFC公式が北朝鮮撃破のなでしこジャパンを称賛!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月25日

前回女王・北朝鮮は初めてメダルを逃した

抜群のゴールセンスを発揮した長谷川。なでしこの若きエースが北朝鮮に引導を渡した。(C)Getty Images

画像を見る

 インドネシア・ジャカルタで開催中のアジア大会サッカー競技は、8月25日に女子の準々決勝が行なわれ、なでしこジャパンは宿敵・北朝鮮と激突した。
 
 過去2大会の決勝で顔を合わせていた両雄のバトルは、立ち上がりからインテンシティーの高い攻防戦に。持ち前のフィジカルタフネスを前面に押し出す前回女王・北朝鮮に対して、日本は素早いパスワークと連動性で対峙。ともにチャンスを掴み合う均衡した展開で推移する。
 
 待望の先制点を挙げたのは日本。40分にCKの流れから岩渕真奈が冷静に押し込んで前半のうちにリードを奪うと、後半の北朝鮮はロングボールを多用する大味な攻撃を繰り返すばかり。日本は効果的なカウンターの回数を増やし、62分にゴラッソで突き放すのだ。長谷川唯が途中出場の菅澤優衣香と浮き球のワンツーを決め、そのまま右足で豪快なドライブショットをねじ込んでみせた。

 
 その後PKで1点を返され、終盤は敵の猛攻に晒されるも2-1の逃げ切りに成功。アジア・サッカー連盟(AFC)の公式サイトは“事実上の決勝戦”とも言われた一戦を速報し、日本の戦いぶりを称えた。
 
「前回覇者で女王の北朝鮮を日本が力でねじ伏せたゲームだ。序盤から実力伯仲の拮抗したゲームが繰り広げられたが、北朝鮮がゴール前でチャンスをフイにしたのに対して、日本はイワブチとハセガワが決めるべきところでしっかり決めた。とくにハセガワの2点目は特筆に値するファインゴールで、甘美なドライブショットで北朝鮮の野望を打ち砕いたのだ。北朝鮮は過去に出場したアジア大会ですべてメダルを獲得してきたが、これだけ早く敗退するのは初めて。かたや日本は試合運びの巧さとチームとしての完成度の違いを見せつけた」
 
 週明けの火曜日に行なわれる準決勝の相手は、韓国に決まった。ファイナル進出を懸けた日韓戦も熱いバトルとなりそうだ。
 
【関連記事】
「美しき新女王が誕生」「圧巻の3ゴール!」フランス紙が世界一のヤングなでしこを大絶賛!
「ルックスも実力もエース!」「もはや歩く写真集だ」韓国のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
「最高の試合やったね~」日本代表コンビ、香川真司&吉田麻也もヤングなでしこの世界制覇に興奮!
U-20W杯を制したヤングなでしこから、東京五輪にはばたく選手は?
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ