ガンバ残留への救世主となる! J1通算89得点の本格派FWが担う“ラストピース”の大役

カテゴリ:Jリーグ

飯間 健

2018年08月25日

移籍後即スタメンで即ゴールも喜びは…

仙台戦は敗れたものの、渡邉は鋭い動き出しから先制点をマーク。G大阪でのデビュー戦でいきなり鮮烈弾を決めてみせた。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 やろうとしていることは90分間、見て取れた。周囲も使おうとしていることは感じられた。だから収穫と課題、自分がやるべきことが見えた。
 
「自分が入ることで雰囲気を変えたい」
 
ヴィッセル神戸からガンバ大阪に電撃加入したFW渡邉千真は、今後に繋げていく覚悟を口にした。
 
 8月19日のJ1リーグ第23節、アウェーのベガルタ仙台戦。移籍後即スタメン出場を果たした渡邉は前半27分に先制ゴールを叩き出した。ただ、「あれは自分のシュートレンジだけど、得点を取ってもチームが勝たないと意味がない」と、逆転負けに喜びは控えめ。「攻撃では起点になろうとしたけど、なかなか味方と合わず、繋ぎでも入れないことがあった」。

 
 チームに合流したのは8月14日だ。翌15日には第22節のコンサドーレ札幌戦があったため、新しいチームメイトと合わせる時間は実質2日間しかなかった。それでも宮本恒靖監督は、J1通算88得点(仙台戦の得点で89に)のストライカーに賭けた。与えたタスクは守備時のプレッシング、そして攻撃の起点になること。渡邉は指揮官の要求に応えようとし、可能性を感じさせた。
 
 渡邉が加入する前は4人のFWが起用されていた。ファン・ウィジョ、アデミウソン、長沢駿(神戸へ期限付き移籍中)、そして中村敬斗だ。ファン・ウィジョは抜け出しと果敢なシュート意識に秀で、アデミウソンはテクニックを活かした突破が武器。189センチの長沢は高さとハードワークに優れ、ルーキーの17歳中村は積極的な仕掛けが特徴だ。
 
 多士済々な顔ぶれのなか、足りないピースは明確だった。最前線でキープができる選手。今季途中就任の宮本監督は「ボールが収まるFW」を夏の補強としてリクエストし、その期待を持って加わったのが渡邉だった。
 
 仙台戦、前半開始早々から渡邉は真ん中で構えた。身体を張ってキープすることでMF小野瀬康介やMF倉田秋の攻撃参加を促した。前半45分には相手DFに競り勝ち、アデミウソンの決定的チャンスも演出している。周囲を活かし、G大阪はチームとして連動した攻撃を展開。「前半は流れを含めて目ざすところができた」。宮本監督の求めるイメージはできていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ