「ぶっちゃけ1-1は妥当」名波浩監督が鹿島戦のドローに本音を吐露

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月24日

「前半は我々が主導権を握れていたと思う」

磐田の名波監督は、同点に追いついた選手たちの執念を称えた。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ24節]鹿島1-1磐田/8月24日/カシマ
 
 県立カシマサッカースタジアムで行なわれた鹿島アントラーズ対ジュビロ磐田の一戦は、1-1の引き分けに終わった。
 
 56分に先制を許した磐田は、90+4分に大久保嘉人がPKを沈めてドローに追いついた。劇的なアディショナルタイムのゴールで勝点1を獲得した名波浩監督は、試合後のフラッシュインタビューで次のように試合を総括した。
 
「まずゲーム内容としては、前半は我々が主導権を握れていたと思う。セカンドボールの反応と、相手のミスに付け込んだ前体重な場面も多かったので、その辺を活かせれば、先に点を取れていた場面もあったのではないか」
 
 前半は鹿島の中盤がパスミスを連発していたため、磐田がカウンターに持ち込めそうな場面は少なくなかった。名波監督も言うように、そこで「先に点を取れていた」ら流れは変わったかもしれない。
 
 また、56分のCKからの失点について「後半にアントラーズが出てきて、それから川又(堅碁)が怪我をしてセットプレーの穴ができたところでやられてしまった」と原因を分析した指揮官は、「ただ、そこから大井(健太郎)のオーバーラップも含めて、選手が良くやってくれた。ぶっちゃけ1-1は妥当な結果だと思う」と終盤に追いつく執念を見せた選手たちを称えた。試合内容にはある程度の手応えを得た、ということだろう。
 
 前節の柏戦に続く連勝とはならなかったものの、「いない選手を挙げたらキリがない」という怪我人だらけの台所事情のなかで、アウェーで勝点1を確保できたのはポジティブな材料だ。「今日は単発過ぎた」という攻撃面に関しても、「セカンドボールを拾った時に、もう一度ワイドに仕掛けて、それから二重三重の攻撃を仕掛ける」と修正点は見えている。

 磐田の次節は9月1日に行なわれるホームの名古屋戦。名波監督がどんな采配を振るうのか注目だ。

【鹿島 1-1 磐田 PHOTO】ATに大久保がPKで得点。鹿島はほぼ手中にしていた勝利を逃がす
【関連記事】
思わず手が出て…鹿島、終盤にハンドでPKを献上し、磐田と痛恨のドロー
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
「今季の欧州最強チームはどこ?」 スペイン紙アンケートで最多得票を獲得したのは…
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
「若者はアジアに行くな!」カメルーン代表監督となったセードルフが独自見解で警鐘を鳴らす

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ