思わず手が出て…鹿島、終盤にハンドでPKを献上し、磐田と痛恨のドロー

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月24日

犬飼のゴールで先制し、終盤までリードしていたが…

鹿島のセルジーニョはカウンターでゴールを狙ったが、右足のシュートは大井に弾かれた。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ24節]鹿島1-1磐田/8月24日/カシマ

 J1リーグ24節の鹿島アントラーズ対ジュビロ磐田が24日、県立カシマサッカースタジアムで行なわれ、1-1の引き分けに終わった。
 
 試合は立ち上がりから一進一退の展開が続いた。鹿島は13分にカウンターからセルジーニョがチャンスを迎えたが、大井健太郎のブロックにあってゴールには至らない。一方の磐田は18分に川又のフリックから大久保嘉人が決定機を迎えるも、シュートは枠を外れた。その後はお互いにパスミスを頻発し、目立ったチャンスを作れないまま前半を終えた。
 
 後半は鹿島が攻撃のテンポを上げ、56分に投入された安西幸輝がアクセントになって主に左サイドを攻略する。そうした流れで獲得した71分の左CKから、永木亮太のクロスを犬飼智也が押し込んで鹿島が先制。1点リードしたホームチームは、カウンターを軸に追加点のチャンスをうかがい、79分にはレオ・シルバが中盤でボールを奪って一気にドリブルで持ち上がり、最後は鈴木優磨がシュートを放ったが、2点目をモノにできない。
 
 すると、このピンチをしのいだ磐田が執念を見せる。アディショナルタイムに突入した90+1分、小川大貴のクロスが安西のハンドを誘ってPKを獲得すると、これを大久保が中央へ決めて同点に追いついた。試合はそのまま1-1で終了。鹿島は目前に迫っていた勝利を逃し、磐田は土壇場で勝点1を確保した。

【鹿島 1-1 磐田 PHOTO】ATに大久保がPKで得点。鹿島はほぼ手中にしていた勝利を逃がす

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ