「希望に満ちたデビュー!」「小さくない光明だ」ベティス初登場の乾貴士を地元紙が絶賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月18日

「今後の活躍に向けての“前菜”だった」

2点を追う展開で投入されると、溌溂とした動きでベティスの攻撃を活性化。チームは完敗を喫したが、乾は上々の本拠地デビューを飾った。(C)Getty Images

画像を見る

 日本が誇る稀代のアタッカーが、いきなりファンの心を掴んだ。
 
 金曜日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ開幕戦、ベティスvsレバンテの一戦はホームチームにとって痛恨の結末に終わる。敵の堅牢を崩せずに手を焼き続け、効率良く3点を奪われての完敗。本拠地ベニート・ビジャマリンのサポーターを大いに落胆させた。
 
 そんななかでサポーターを沸かせたのが、65分に登場したのが乾貴士だ。3-1-4-2システムのトップ下に配されると、持ち前のスピードとパスセンスで攻撃に変化を加え、88分にはロシア・ワールドカップのセネガル戦を彷彿させる形から決定的なシュートを放った。これは惜しくも敵GKのファインセーブに阻まれたが、背番号8はデビュー戦で確かな爪痕を残したのだ。

 
 乾の出来を称賛したのがセビージャの地元メディア『El Desmarque』で、「希望に満ちたデビュー!」と題してこんな寸評を掲載している。
 
「ベティスはまってくもって酷い試合をした。そんな惨敗にあって、小さくない光明となったのがイヌイのデビューだ。ウィリアム・カルバリョに代わって65分に投入されると、ベティス史上初の日本人プレーヤーは入りこそスローだったものの、徐々にその質で違いを見せつける。とりわけ素晴らしかったのが要所を突くパス。瞬く間にゲームの中心に居座った」
 
 そして終盤の決定的な場面についてはこう描写した。
 
「緑と白の軍団がもっともゴールに近づいたのが、イヌイのシュートシーンである。ボールタッチから一撃を放つまでの動きは実に流麗だったが、あれは阻止したオーイエルを褒めるほかない。まさに見どころ満載だったイヌイのデビュー戦。今後の活躍に向けての“前菜”だったのかもしれない」
 
 開幕戦は様子を見てベンチスタートとなった乾だが、今回の0-3という屈辱的な敗北を受けて、パブロ・マチン監督は次戦でスタメン起用を決断するか。その可能性を釣り上げるほどのパフォーマンスを示したのは間違いない。8月25日の第2節、ベティスは敵地に乗り込んでアラベスと戦う。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ