ミランが期限最終日にダブル獲得! いずれも移籍金の一部を…

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年08月17日

バッカとラパドゥーラの保有権を使って獲得。

ミランが獲得したカスティジェホ(左)とラクサール(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 ミランは現地時間8月17日、ビジャレアルからMFサムエル・カスティジェホ(23歳/スペイン国籍)、ジェノアからMFディエゴ・ラクサール(25歳/ウルグアイ代表)をダブル獲得したことを公式発表した。
 
 いずれも完全移籍で、移籍金などは非公表。ただ、『スカイ』など現地メディアによると、ミランが同時に放出を発表したカルロス・バッカ(昨シーズンはビジャレアルにレンタル)とジャンルカ・ラパドゥーラ(昨シーズンはジェノアに買い取り義務でレンタル)を取引に含めたようだ。カスティジェホの2500万ユーロのうち700万ユーロがバッカ、ラクサールの1400万ユーロのうち1100万ユーロがラパドゥーラで相殺されたと見られる。
 
 セリエAの移籍市場はこの8月17日にクローズするが、ミランは8月14日にチェルシーからレンタルで獲得したMFティエムエ・バカヨコ、そしてこの日のカスティジェホとラクサールで「今夏の補強は終了」とアナウンスしている。
 
 カスティジェホはスペインU-21代表歴もあるウイングで、15年にマラガから加入したビジャレアルでは持ち前の打開力を活かして活躍。右サイドが得意だが左サイドをこなすだけに、ミランの4-3-3では両翼で重宝されそうだ。
 
 ラクサールは13年にデフェンソールからインテルに加入してレンタル生活が続いたものの、15年に移籍したジェノアでブレイク。元々は左サイドアタッカーだったがウイングバックとして台頭し、ウルグアイ代表ではサイドバックもこなしている。インサイドハーフでも機能するだけに、ミランでは様々な使われ方が想定される。
 
 今夏はオーナーだった中国人のヨンホン・リーが昨夏のクラブ買収資金を返済できず、貸主である米ヘッジファンド『エリオット』が質権を行使してクラブ経営権を取得するドタバタ劇を演じたミラン。しかしその後、強化担当者に指名されたOBのレオナルドとパオロ・マルディーニが辣腕を発揮し、少ない予算の中でFWゴンサロ・イグアイン(買い取り義務レンタル)、DFマッティア・カルダーラ(レオナルド・ボヌッチとのトレード)、バカヨコ、カスティジェホ、ラクサールという5人の新戦力を迎え入れている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ