シント=トロイデンが4人目の日本人選手獲得へ。大学ナンバーワンSBが契約間近と地元紙

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月14日

今夏はポルティモネンセのキャンプに参加も

図抜けた機動性能を持つ左SB、小池裕太。ポルティモネンセとはプロ契約に至らなかったが、ベルギーで活路を見い出すか。(C)Getty Images

画像を見る

 ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)が、4人目の日本人選手獲得を目論んでいる。そう伝えたのは、全国紙『Het Laatste Nieuws』だ。
 
 すでに日本代表MF遠藤航をはじめ、U-21日本代表のDF冨安健洋、ドイツのインゴルシュタットからレンタル移籍中のMF関根貴大と3人の日本人選手が籍を置くSTVV。今夏の補強計画で急務となっているのが左SBの新戦力確保で、白羽の矢を立てたのが21歳の小池裕太だという。
 
 小池は流通経済大の4年生で、アルビレックス新潟ユースの出身。大学2年時には鹿島アントラーズの特別指定選手となり、ナビスコカップでトップデビューも果たしている。昨年はユニバーシアード代表にも選出された、大学サッカー界ナンバーワンのSBで、複数のJクラブが熱視線を送る注目銘柄だ。

 
 この夏は日本代表MF中島翔哉も所属するポルトガル1部、ポルティモネンセのサマーキャンプに帯同。練習試合でゴールを決めるなどアピールを続け、プロ契約目前と見られていたが、思うような結果は得られなかった。『Het Laatste Nieuws』紙は「STVVは開幕3試合連続ドローとまずまずの出だしで、残る宿題は左SBの即戦力獲得にある。21歳の日本人選手、ユウタ・コイケとの契約が有力視されており、彼はSTVVにとって4人目のジャパニーズとなりそうだ」と報じている。
 
 STVVは昨年秋に日本企業の『DMMグループ』が経営権を取得し、独自のクラブマネジメントを展開してきた。今夏にはロシア・ワールドカップの日本代表に名を連ねた遠藤を浦和レッズから獲得し、3人目の日本人選手に。もちろん欧州クラブでは最多の保有数だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ