【総体】初優勝の立役者・山梨学院の10番が大会5得点でJスカウト陣に猛アピール!評価は変わった?

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月14日

宮崎は勝負所で決定力を発揮。エースと呼ぶに相応しい活躍を見せた

プロ入りに向けて、一歩前進した宮崎。今後の動向が楽しみだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[インターハイ決勝]山梨学院2‐1桐光学園/8月13日/三重交通G

 窮地に陥った山梨学院(山梨)を救ったのは、またしても頼れる10番だった。
 
 準々決勝の日章学園(宮崎)戦で後半に2ゴールを挙げ、チームを逆転勝利に導いた宮崎純真(3年)は桐光学園(神奈川②)との決勝でもエースの仕事を果たす。
 
 0-1で迎えた後半アディショナルタイム。8分と表示されていた時間も残り3分ほど、その限られた時間で真価を発揮する。
 
 相手のエース・西川潤(2年)が決定機を逃した流れから、チームはロングカウンターを仕掛けた。右サイドの深い位置から前線に大きく展開されたボールに大石悠介(3年)が反応。粘ってゴール前に入れると、川野大成(3年)がスルーし、走り込んだ宮崎が落ち着いてネットを揺らした。
 
 土壇場で追い付くと、宮崎は延長戦でも輝きを放つ。延長前半5分だ。得意の裏抜けから左サイドでボールを受け、ゴール前にクロスを供給。誰かが触れば1点という絶好球を入れると、相手DFのオウンゴールを誘発してチームに逆転弾を呼び込んだ。
 
 最後までリードを守った山梨学院。ふたつのゴールに絡んだ宮崎が、チームにインターハイ初制覇をもたらした。
 
 10番は惜しくもトップスコアラーの栄誉は逃したが、今大会通算5得点の活躍。安定したパフォーマンスで結果を残し続けた。

 とりわけ、準々決勝以降の働きは見事で、勝負所でゴールを決めた出来はまさにエース。そのプレーぶりにチームメイトも口々に「やってくれると思っていた」と話し、対戦相手からも賛辞の声が届くほどだった。
 
 そんな点取り屋だが、気になるのは卒業後の進路。今大会はチームの優勝とともに、Jクラブのスカウトにアピールをしてプロ入りを勝ち取ると宣言していた。
 
 準々決勝の日章学園戦後にも「自分の力で注目を勝ち取って、アピールしたい」と、改めてその決意を表明。大会の後半戦も並々ならぬ意欲で試合に臨んでいたなかで、新たな一面を決勝で見せたのは好印象だ。

 ファイナルでは前述の通り、得意の裏抜けから決勝ゴールに絡んだが、同点弾の場面では自身のレパートリーにないクロスに合わせる形を披露。「俺を見ろ」と言わんばかりに、スカウト陣へ強烈なデモンストレーションを行なった。
 
 実際に今大会を視察したスカウトたちも宮崎を高評価。「どこかのクラブが動いたとしても不思議ではない」と評した者もおり、ひとまずアピールには成功したと言えるだろう。
 
 現時点で進路は不透明だが、「見て貰っていればと思います。練習参加をしたら、積極的にやります!」と力強く宣言した宮崎。高校最後の夏に持てる力を出し切った男に吉報は届くのか。今後の動きに注目だ。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ