【現地発】ベルギーで鮮烈デビューを飾った遠藤航。「目標のゴール数は?」と問われてどう答えた?

カテゴリ:海外日本人

中田徹

2018年08月06日

僚友・冨安は「すごい。本当にすごいとしか言いようがない」

強豪相手に出場わずか2分でゴールを挙げた遠藤。次節はスタメン出場を飾るか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ベルギー・リーグ第2節、8月5日のヘンク戦当日、シント=トロイデン(STVV)に移籍した遠藤航にビザが下り、そのまま18人のメンバーに名を連ねた。0-0のまま進んだ後半、戦況を眺めながら日本代表MFはずっとウォーミングアップを続けていた。
 
「カウンターからチャンスになりそうだな」
 
 サイドライン際で、そう遠藤は思っていたという。
 
 68分、いよいよ遠藤にお呼びがかかる。ハーフウェーラインまで出てきたが、ここはちょうどヘンクが好位置でFKを得たところ。ワンプレー待って、遠藤はピッチに入ることになった。するとヘンクのMFラスラン・マリノフスキーが強烈なFKをSTVVゴールの右上隅に決めてしまった。0-1。手痛い失点にチームメイトがうなだれるなか、遠藤は69分ににピッチに投入された。
 
「自分が入る瞬間にFKから失点したので、点を取りに行くしかない状況でした。『ゴールを取りに行く』と気持ちを切り替えてプレーしました」(遠藤)
 
 その気持ちが、ボールを持ったらすぐさま縦にパスを出し、自身も前へフリーランニングするという積極性に繋がった。71分、自陣で味方にパスを送った遠藤は一気に敵陣深くまで走り込み、ヨアン・ボリの左からの折り返しをペナルティーエリア手前から右足で合わせた。決して強い当たりのシュートでなかったが、相手GKの意表を突くかのようにボールは左隅へと転がり込んだ。

 
 ゴールシーンを遠藤はこう振り返る。
 
「あのシーンはけっこう落ち着いていたというか、集中していて、あんまり振りすぎずにコースに流し込むようなイメージで蹴ったので、そんなにスピードはなかった。DFとキーパーが逆を突かれた感じだと思いますね」
 
 ピッチに立って、わずか2分でチームの苦境を救うゴールを決めた遠藤に、CB冨安健洋は「すごい。本当にすごいとしか言いようがないです。今日のゴールでサポーターの心も選手の心も、しっかり掴んだんじゃないかなと思います」と感嘆することしきりだった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ