「アキくんが、ケンゴさんが…」神奈川ダービーで2得点の小林悠が絶妙ラストパスのふたりを称賛

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月05日

2ゴールとも鮮やかな崩しから冷静にフィニッシュ!

小林が2ゴール!エースとしての仕事を果たした。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 [J1リーグ20節]川崎2-0横浜/8月5日/等々力
 
 J1リーグ20節の川崎対横浜が5日、等々力陸上競技場で行なわれ、川崎が2-0で勝った。”神奈川ダービー”を制した川崎は、2試合ぶりの勝点3で3位をキープ。敗れた横浜は今季初の3連敗で15位に後退した。
 
 勝利の立役者になったのは、エースの小林悠だ。まずは34分、家長昭博のグラウンダーのクロスを押し込むと、71分には中村憲剛のラストパスを受けてGKとの1対1を冷静に制した。87分のミドルは右ポストに嫌われてハットトリックとはならなかったものの、貫録の2ゴールでチームを勝利に導いた。
 
 小林は試合後のヒーローインタビューで「アキくん(家長)が上手く抜け出してくれて、中はどフリーだったのでしっかり決められて良かった。一回前に出るふりをしてフリーを作ったタイミングをケンゴさん(中村)がしっかり見ていてくれた」と2ゴールを振り返り、ラストパスを送ったチームメイトを称賛した。

 実際に、2点ともに川崎らしい鮮やかなパスワークから生まれた狙い通りのゴールで、そのフィニッシュの場面にしっかりと顔を出す小林の非凡な得点感覚を、まざまざと見せつけるモノでもあった。

 前節の浦和戦は0-2で敗れ、自身も不発に終わった。チームとしても個人としても、嫌な流れを払拭できたこの勝利は、再浮上のきっかけとしては十分だと言えそうだ。
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】川崎 2-0 横浜|小林悠が“神奈川ダービー”で2ゴールの大仕事!川崎のボランチコンビも躍動
またも初勝利ならず…ガンバの宮本監督が2点差からの逆転負けに猛省「受けの時間が長かった」
イニエスタ?いや違う、アイアム野田!FC東京サポーターから大ブーイングで歓迎される
本田、長友、武藤…立候補者があとを絶たない東京五輪のオーバーエイジは誰が適任か
岡崎慎司が2か月ぶりにSNSで発信! 「腹立つなー」というコメントとともに投稿したのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ