コウチーニョやデ・ブルイネが着用!ナイキの新スパイク『ファントム ビジョン』のかつてない「履き心地」を体験

カテゴリ:PR

江國 森(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

2018年08月02日

新品なのに履き慣らしたような感覚。

8月2日に発売される『ファントム ビジョン』。内側側面の三角のデザインが特徴的だ。写真:ナイキ

画像を見る

 ナイキが7月30日、新しいスパイクシリーズ『ファントム ビジョン』の発売(8月2日)に先駆けて、都内某所でメディア向けの「プレゼンテーション&トライアルセッション」を開催した。
 
 先のロシア・ワールドカップでは、736人の出場選手のうち、なんと65パーセントがナイキのスパイクを着用したという。ちなみに、MVPのルカ・モドリッチ(クロアチア)、最優秀ヤングプレーヤー賞のキリアン・エムバペ(フランス)、得点王のハリー・ケイン(イングランド)、そして最優秀GK賞のディボー・クルトワ(ベルギー)と、4つの個人賞もナイキの契約選手が総なめにしている。
 
 そのナイキが満を持して開発したのが、この『ファントム ビジョン』だ。追求したのは「精密さ」。優れたフィット感により、安定したタッチ、コントロール、フィニッシュをサポートする。
 
 イベントの参加者は、実際にこの新モデルを着用。まずはインドア用の『ナイキ リアクト ファントム ビジョン PRO DF IC』を履いて、室内でドリブルやシュート、トラップの感触を確かめるトライアルを体験した。
 
 続いて屋外のコートに移動。今度はスパイクバージョンの『ナイキ ファントム ビジョン エリート ダイナミック フィット FG』を着用して、実戦形式(5対5)で履き心地を確認した。
 
 驚かされたのは、やはりそのフィット感だ。新品なのに足にすぐ馴染み、まるで数か月も使い込んだような感覚でボールを扱える。
 
 また、軽量であるにもかかわらず、アッパーにほどよい厚みがあるのも特徴だ。これが繊細かつ安定したタッチやコントロールを可能にするポイントだろう。
 
 この『ファントム ビジョン』は、「プレーエリアを固定せず、優れたテクニックでボールを扱いながら、縦横無尽に動き回る選手」に適した一足で、フィリッぺ・コウチーニョ(バルセロナ)やケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・シティ)、レオン・ゴレツカ(バイエルン)などが着用する。

室内で行なわれたトライアルの模様。ストリートでのサッカーをイメージした演出も粋だった。写真:ナイキ

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月27日号
    12月13日発売
    2018年 Jリーグ総決算
    BEST PLAYER &
    全1354選手の年間査定
    海外組カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24