「きっと最高のバトンリレーになる」と太鼓判! 米メディアが“4年後の日本代表”の先発を予想!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月19日

「4年後には間違いなくスケールアップを果たしている」

ロシアW杯は無念の落選となったが、やはり中島の「4年後」には特大の期待がかかる。新生サムライブルーでサイドの定位置を掴めるか。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 米スポーツ専門チャンネル『Fox Sports Asia』が“4年後の日本代表”に熱い期待を寄せた。
 
 臨んだのは同メディアで健筆をふるうアジア・サッカー通記者のガブリエル・タン氏。「今大会のアジア5代表チームは、日本を筆頭にそれぞれが輝きを放った。合わせて4つの勝利と3つ引き分け。過去最高の戦績だったのだ」と称え、「では4年後はどうなるのか。各チームの状況を展望してみよう」と続けた。2022年カタール・ワールドカップにおける予想スタメンを大胆予測したのだ。
 
 そのなかで、日本代表については今回のロシア・ワールドカップを戦った23名から7名が外れるだろうとした。長谷部誠、本田圭佑、長友佑都、乾貴士、酒井高徳、岡崎慎司、川島永嗣で、すでに代表引退を表明している選手に加え、その多くが年齢的に30代半ばでピークを過ぎているのでないかとジャッジしている。

 
 導き出したのは、以下の先発陣容だ(フォーメーションは4-2―3-1)。
 
GK:中村航輔
右SB:酒井宏樹
CB:吉田麻也
CB:昌子源
左SB:遠藤航
セントラルMF:井手口陽介
セントラルMF:柴崎岳
左サイドハーフ:中島翔哉
トップ下:香川真司
右サイドハーフ:原口元気
CF:大迫勇也
 
 タン記者が説明する。
 
「日本はハセベ、ホンダという2大アイコンを失ない、ユーティリティー性の高いゴウトク・サカイも代表チームからの引退を表明した。しかし、日本フットボールにはなんら大きな問題は生じない。取って代わる新たなタレントに事欠かないからだ。きっと最高のバトンリレーが見られるはずで、(4年後は)ロシア・ワールドカップを戦ったチームとほぼ遜色ないレベルに仕上がっているのか、より強力なチームに成長を遂げているだろう」
 
 若手・中堅の台頭、現主力のさらなる進化の2点がその根拠だ。
 
「セントラルMFでは、イデグチが幅を利かせるだろう。今大会のメンバーにもなぜ選ばれなかったのかは甚だ疑問であったし、驚きでさえあった。ほかにもナカジマ、ウエダ(植田直通)、エンドウが彩りを加える。そしてキープレーヤーとなるのがオオサコ、シバサキ、ショウジの3人だ。4年後にはより多くの経験を積み、間違いなくスケールアップを果たしているだろう」
 
 そのほかでは、浅野拓磨と鈴木優磨の名も挙げている。
 
 近日中に発表される新指揮官の下で、新たな船出を切るサムライブルー。2年後の東京五輪を戦うU-21世代をも巻き込みながら、4年後のカタールに向けてどんなレギュラー争いが繰り広げられるのかが実に楽しみだ。23枠を巡るバトルは、もう始まっている。
 
【関連記事】
「過去最弱だったはずが…」米誌がW杯“期待満足度ランキング”で日本代表を2位に格付け!
「日本は教本を破り捨てた!」米メディアが“アジアの常識”を覆した西野ジャパンを大絶賛!
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!
「日本は完全にヤバいチームだった!」英紙記者が“ベルギー戦”を大会ベストゲームに選出!
「日本人監督を信じよ」「もう謙遜はいらない」英誌・熟練記者が新生サムライブルーに大胆提言!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ