「ピッチには450万人の選手が立つ」 国民のサポートを確信するラキティッチ、シーズン71試合目も「心配ない」【ロシアW杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月14日

「必要なのは少しの運だけだよ」

泣いても笑ってもあと1試合。ラキティッチも疲労の極致にあるはずだが、それを精神の高揚が上回っているのだろう。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップ(W杯)は7月15日(現地時間)、いよいよ決勝が行なわれる。有利と見られているのは、2年前のEUROのファイナリストでもあり、20年ぶり2回目の優勝を目指すフランスだ。
 
 一方、勝てば9番目の優勝国となるクロアチアは、史上初の決勝戦。3試合続けて120分間(+2試合でPK戦)を戦ってきた疲労もあり、下馬評では不利という声が少なくない。
 
 だが、英紙『Guardian』によると、イバン・ラキティッチは「チームにとってだけではなく、全てのクロアチア人にとって歴史的な一戦だ」とコメント。「ピッチには450万人の選手が立つ」と、国を挙げてのサポートが強みになると意気込んでいる。
 
「クロアチアの歩みをちょっと見るだけで、この1か月のことが分かると思う。言葉では言い表わせないような、凄まじい喜び、団結、協調、プライド……素晴らしいよ。(決勝が行なわれる)スタジアムが450万人収容の大きさだったとしても、きっと満員になっていたはずだ」
 
 前述のように、懸念されるのは疲労だ。ラキティッチ自身、2017-18シーズンはバルセロナで55試合、代表で15試合をこなしており、W杯決勝はシーズンで71試合目となる。
 
 しかしラキティッチは、「さらなるパワーとエネルギーがある。心配ないよ」と強調した。
 
「人生最大の大一番だと分かっている。『全力を尽くした』と、堂々と胸を張ってピッチを後にしたいんだ。望む結果を手に入れるのに必要なのは、少しの運だけだよ」
 
 実際、イングランドとの準決勝でも、ルカ・モドリッチを筆頭に、クロアチアの選手たちは疲労困憊になりながらも奮闘した。その姿に感動し、シンパシーを覚えた人は少なくない。
 
 ラキティッチも、クロアチアの戦いぶりが世界のファンの心を捉えたと考えている。だからこそ、「決勝では大勢の人が僕たちを応援してくれるだろう」と、クロアチア以外のファンからのサポートにも期待を寄せている。
 
 多くの強豪が次々と沈み、「サプライズのW杯」という声もある今大会。アウトサイダーと見られていたクロアチアは、そんな大会で初の栄光を掴むことができるだろうか。
【関連記事】
「モドリッチは我々のリーダー、バロンドールを3つあげたい」 クロアチアの連盟会長が決勝に意気込み
「勝ったのは僕たち。それだけさ」“アンチ・フットボール批判”をグリエーズマンは冷笑【ロシアW杯】
「我々が勝利してみせる」 ロブレン、クロアチア不利を擁するメディアに宣戦布告!【ロシアW杯】
【セルジオ越後】"空白"を埋めるには世代交代が不可欠。森保監督に任せるのもひとつの手だ
現地直送! ロシアを彩る『美しすぎる』世界のサポーターたち
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!
【ロシアW杯】グループリーグ順位表・日程・結果
決勝「フランス対クロアチア」を前に、過去2度の大舞台での対決をSD記事で振り返る【ロシアW杯】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月21日発売
    2000年代生まれの
    ニューヒーロー
    新時代を牽引する
    「ダイヤの原石」たち
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ