「俺に暴言をぶつけてきた人たちへ」 イタリア代表バロテッリがインスタグラムでイングランドの敗北を…【ロシアW杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月14日

心無いイングランドファンに“返礼”

かつてプレーした国の代表チームの躍進を称賛した悪童だが、過去の“恨み”も忘れなかっていなかったようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 イングランドが準決勝で敗北した夜、驚くべき反応をした人物がいる。イタリア代表のFW、マリオ・バロテッリだ。アメリカのスポーツ専門メディア『ESPN』が報じている。

 インスタグラムにて準決勝を観戦する様子をアップしたバロテッリは、イングランドの敗戦が決まった後、ストーリーを更新した。

「イングランドのことを愛しているので、とても残念だ。けれど、今まで俺に心無い、愚かなメッセージや暴言をぶつけてきた人たちに向けてこのメッセージを送る。これが答えだ!」

 このような文面とともに、ある画像を投稿した。

 それは、1996年に発表された代表の応援ソング『Three Lions』の一節、「フットボールが帰ってくる」という意味の「It’s coming home」が掲げられた白い看板の真下で、赤いネオンライトの「IMPOSSIBLE」(不可能)が点滅するというものだった。(※現在は削除済)

 バロテッリはプレミアリーグのマンチェスター・シティで3年プレーした後、ミランを経て、リバプールに1年半在籍したが、まともな活躍を見せられなかった後者では、とりわけ厳しい声が浴びせられ、これに彼が激怒することもあった。

「準決勝の試合中は、キーラン・トリッピアーのゴールを称賛するほか、両者の戦いぶりを称えるポジティブな言葉も発していた」(『ESPN』)というバロテッリだが、イングランドの敗北を揶揄するような投稿に、一部サポーターからは手痛い言葉がコメント欄に投稿されるなど、反響も様々だ。

 近々、日本代表の酒井宏樹が在籍するマルセイユへ移籍するという噂もある悪童の”返礼”は、3位決定戦を控えるイングランド代表に、逆襲の火を点けるきっかけになるだろうか。
【関連記事】
メッシは“暴君”だったのか。母国メディアが明かした「ふたつの事件」に国内騒然!【ロシアW杯】
「ふたり目のサムライを獲る!」香川真司の獲得をガラタサライ指揮官が熱望か
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!
「俺にはサッカーしかなかった…」 いわれない非難に苛まれてきたポグバ、世界制覇へ燃える【ロシアW杯】
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ