異例の早期決定!U-21日本代表歴を持つ三笘と旗手が再来年に川崎入り!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月13日

大学屈指のレベルを持つアタッカーの実力と特長は?

大学ではトップクラスの実力を持つ三笘(左)と旗手(右)。川崎に加入するまでの2年でさらなる成長が期待される。(C)Getty Images

画像を見る

 川崎フロンターレは7月13日、2020年度の新加入選手として三笘薫(筑波大)と旗手怜央(順天堂大)の加入が決定したと発表した。

 三笘と旗手は、2020年の東京五輪を目指すU-21日本代表に選出された経験を持つ有望株。現在はともに大学3年生だが、最終学年を迎える前に異例の入団内定がリリースされる形となった。

 三笘は川崎U-18出身の生え抜きプレーヤー。繊細なタッチと緩急自在のドリブルが魅力のレフティで、6月に行なわれたトゥーロン国際大会でもU-21日本代表の一員としてゴールを奪って強烈なインパクトを残した。

 一方、旗手は静岡学園高出身のアタッカー。PL学園で甲子園に出場した経験を持つ父から譲り受けた運動能力は折り紙付きで、フィジカルの強さとアジリティには特筆すべきものがある。また、最前線からサイドハーフをカバーできるポリバレント性も魅力で、関係者の間では大学1年時から注目を集めていたタレントだ。

 プロ入りが内定したふたりは、クラブを通じて以下のコメントを出している。
「この度、川崎フロンターレに加入することになりました三笘薫です。小さいころからの夢であったサッカー選手にこの育ててもらったクラブでプロになれることを大変嬉しく思います。両親をはじめ、自分に関わって下さったすべての方々に感謝したいと思います。アカデミーからお世話になったこのクラブにしっかりと恩返しができるように頑張りたいと思います。まずは大学でしっかりと結果を残して、2年後に向けてしっかりと精進したいと思います。よろしくお願いします」(三笘)

「この度、川崎フロンターレに加入することになりました旗手怜央です。今まで支えてくれたすべての方々に感謝し、これからも謙虚に自分らしく頑張ります。サポーターの皆さん、よろしくお願いいたします」(旗手)

 昨季はJ1を初制覇、今季もリーグ戦で3位に付けている川崎に頼もしいふたりが加わった。彼らが2年後にどのようなプレーを見せるのか、今から注目が集まる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ