W杯で最も成長した男、昌子源はコロンビア戦で「緊張」を乗り越えた【西野ジャパン23戦士のストーリー#4】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月12日

「ダメだろうと思っている人が、手のひらを返すような結果を残したい」。その反骨心が昌子を強くした

勝点3を獲得したコロンビア戦後、昌子は「出てみないと味わえない経験ができた」と手応えを語った。(C)Getty Images

画像を見る

 今回のワールドカップで大きく成長した選手をひとり選ぶなら、このCBだ。大会前のポジション争いでは槙野の後塵を拝し、6月8日の強化試合では控えに回る。しかし、そのスイス戦直後の練習から主力組に入ると、本番初戦のコロンビア戦で先発の座を手に入れた。
 
 初めての大舞台。経験豊富なベテランや海外組に混じり、国内組では唯一の先発だった。入場時こそ緊張した表情を見せていたが、「(緊張が仲間に)伝染したらまずい」と、すぐに切り替えた。集中しており、吉田とも息が合った連係で、ファルカオや途中出場のハメスを抑え込んだ。
 
「いろんな情報を頭の中で整理して、良い対応ができた。本当に気持ち良かった。クラブワールドカップとも雰囲気は違うし、出てみないと味わえない経験ができた。『(ワールドカップは)凄い』とみんなが言う気持ちが分かった」と充実感を覗かせた。
 
 続くセネガル戦も先発を任される。昌子には国際経験が不足しているという情報は、相手にも入っていた。「僕がボールを持てば、スイッチオンのタイミングだった」。昌子がプレスの標的となっていることを早めに察知すると、周囲が機転を利かせ、長友が昌子を飛ばして吉田にパスを送るなど、上手くサポートしてくれた。
 
 セネガル戦では2失点を喫したが、昌子自身のパフォーマンスは及第点がつく。「ヘディングでも止められた。しっかり潰せば相手もリズムが出づらいと思っていたので、良かった」とアフリカ勢との対戦で自信を付けた。
 
 大会直前、日本代表への関心度と期待値の低さを知ると、反骨心を露わにしていた。
 
「ダメだろうと思っている人が、手のひらを返すような結果を残したい。それができるのは僕らで、自分たちを信じている」
 
 ポーランド戦は指揮官の戦略でベンチに温存されたが、日本代表のグループリーグ突破に貢献。良い意味で前評判を覆した有言実行の男は、これからも逞しく成長し続けるに違いない。
【関連記事】
【"ロシア後"の日本代表11人は?#4】2列目は中島、堂安、久保。ロシア行きを逃した3人だ
「こんなこと初めてだよ」 クロアチアの歓喜の輪に“巻き込まれた”カメラマンが話題に!【ロシアW杯】
ベティス移籍の乾貴士がスペイン大使館で異例の入団発表! 注目の背番号は14番に決定!
ナイーブさが消えた香川真司に「集大成」という言葉は似合わない【西野ジャパン23戦士のストーリー#1】
不運に泣かされた柴崎岳がW杯で感じた心地よい疲労【西野ジャパン23戦士のストーリー#2】
大迫勇也を変えた4年前の屈辱とW杯初ゴール。昔は嫌がった「ハンパない」という言葉も…【西野ジャパン23戦士のストーリー#3】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月22日号
    11月8日発売
    2019年 Jリーグ
    移籍市場を賑わす
    目玉タレント
    湘南ベルマーレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月15日発売
    現地記者が緊急提言!!
    マドリー&マンUの
    「V字回復プラン」
    ヴェンゲル直撃インタビューも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24