先制FKも実らず、涙に暮れたトリッピアー。「僕はずっと右足を磨いてきた」【ロシアW杯】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月12日

クラブで直接FKを蹴る機会はほぼ…

先制点を挙げるヒーローから一転、最後は負傷交代で悲運のキャストに。トリッピアーは溢れ出る涙を抑え切れなかった。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 世界中が、その右足に驚嘆した。
 
 ロシア・ワールドカップ準決勝、イングランドvsクロアチア戦。立ち上がりの5分に先制点を挙げたのは、イングランド代表の小兵キーラン・トリッピアーだった。ゴール正面20メートルの位置から放った直接FKは、壁を越えて鋭く落ち、鮮やかにゴールネットに突き刺さる。名手ダニエル・スバシッチも触れない美弾だった。
 
 しかし、一世一代の一発もチームの勝利には繋がらなかった。チームはその後クロアチアに追いつかれ、延長戦でマリオ・マンジュキッチに逆転弾を決められてしまう。トリッピアーは延長後半の115分に右足太ももの内側を傷めて負傷退場、交代枠を使い切っていたイングランドは10人で同点ゴールを追わなければならなくなった。
 
 自身への不甲斐なさからか、ベンチで大粒の涙を流したトリッピアー。スリーライオンズは52年ぶりのファイナル進出を逃した。

 
 クロアチア戦で完璧なショットを決めた27歳だが、プレミアリーグを代表するFKのスペシャリストというわけではない。所属するトッテナム・ホットスパーではほぼ蹴る機会がないからだ。チームにはデンマーク代表の至宝クリスティアン・エリクセンがおり、リスタートのメインキッカーを務めている。ほかにもハリー・ケインやエリク・ラメラもFKキッカーを担う。
 
 だがイングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は、トリッピアーの右足を高く評価し、アシュリー・ヤングとの2枚看板でリスタートのキッカーを託してきた。今大会のスリーライオンズはセットプレーから数多のゴールを奪い、快進撃の源となっている。クロアチア戦での先制FKも、目利きの指揮官の重用がもたらしたシーンと言っていいだろう。
 
 兎にも角にも、トリッピアーは遅咲きの努力家だ。ユース年代はマンチェスター・シティの下部組織で英才教育を受け、年代別のイングランド代表にも常に名を連ねる超エリートだった。だがシティのトップチームでは出場機会が訪れず、チャンピオンシップ(実質2部)のバーンズリー、バーンリーに武者修行に出される日々。結果、シティには戻れないまま2012年1月にバーンリーへ完全移籍。21歳の時だった。
 
 このバーンリーでの日々がトリッピアーをスターダムへと押し上げる。持ち前の機動性能で攻守両面に右サイドで異彩を放ち、元来の鼻っ柱の強さもあって、チームに闘争心を植え付けるムードメーカーに。当時量産していたのが直接FKでのゴールで、ディビッド・ベッカムを彷彿させる低い弾道の高精度クロスから、数多のゴールをお膳立てしていた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月22日号
    11月8日発売
    2019年 Jリーグ
    移籍市場を賑わす
    目玉タレント
    湘南ベルマーレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月15日発売
    現地記者が緊急提言!!
    マドリー&マンUの
    「V字回復プラン」
    ヴェンゲル直撃インタビューも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24