対戦前夜、ベルギー・マルティネス監督が挙げた警戒すべき日本人選手とは?

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月02日

「集中を切らすわけにはいかない」と警戒も露わに

エヴァートンを指揮していた際には宮市亮を指導したこともあり、日本選手についても造詣が深い。(C)Getty Images

画像を見る

 ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、日本戦を翌日に控えた7月1日(現地時間)、会見に臨んだ。

 まず、日本チームに対してどのように警戒しているかという質問に、指揮官は名指しで複数の選手を挙げた。

「日本とは(去年11月に)親善試合をしたばかりだ。監督は変わったが、プレースタイルは基本的には変わっていないと思う。エネルギーがあるし、非常に技量のある選手たちが揃っている。印象としては、高い位置への移動が非常に速い。長友佑都、酒井宏樹は非常に速く、相手のゾーンに動くことができる。長谷部誠もよく動く。

 ヨーロッパの大きなリーグでプレーしている香川真司、本田圭佑、吉田麻也などの選手もいる。彼らは、勝つために何をすればいいのかを理解している。また、乾がスペインのエイバルで非常に良い経験をしたことも知っている。だからこそ、非常に難しいゲームになると思うし、我々も集中を解くことは許されない」

 会見中、マルティネス監督は「日本チームと選手たちには敬意を払っている」と何度か口にした。

 日本がベルギーを知っているぶんだけ、ベルギーも日本を知っているということを実感させられるコメントだ。

 ちなみにマルティネス監督は、過去の試合のデータを見ても、ポゼッションにおいてベルギーは日本に対して有利では、という記者の質問に対して、こう答えている。

「サッカーは、ポゼッションだけで決まるわけではない。我々も組織や技術で挑むが、日本も何をやってくるかは分からない。どんな状況にも対応しなければならない。

 もちろん、日本側もボールを欲しがるし、キープしたがるだろう。だが、それだけでスコアが決まるわけではなく、ゴール前でDF陣を中心に踏ん張れるか、リスクが抑えられるかが、具体的にスコアに反映されると思っている」

 7月13日に誕生日を迎え、45歳になるというマルティネス監督の下、3連勝と最高の結果を得たチームの気運は高まっているだろう。

 間違いなく手強いベルギーとの戦いの火蓋が、ついに明日、切って落とされる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ