「きわめてデンジャラス!」「カワシマがベストだ」西野ジャパンを仏誌が採点&査定!【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月29日

レバンドフキは最低点の「4」。日本は槙野と岡崎も…

初先発に奮闘した武藤(右)は何度か好機を掴むもノーゴールに。『FF』誌は採点6を付けた。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間6月28日に行なわれたロシア・ワールドカップのグループH最終戦で、日本代表はポーランドに0-1の敗戦。それでもセネガルを抑えてなんとかグループ2位の座を確保し、2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を決めた。
 
 第2戦のセネガル戦からスタメンを6人入れ替えて臨んだ西野ジャパン。何度かゴールチャンスは創出したものの決め切れず、後半はやや消極性が目立った。別会場のスコアを見ながら、最後は最終ラインでボールを回して時間稼ぎに舵を切り、スタンドから大ブーイングを浴びたのだ。
 
 フランスのサッカー専門誌『France Football』は日本vsポーランド戦の選手採点(10点満点)を掲載。「日本の攻撃はきわめてデンジャラスだった。ポーランドの曖昧な守備ブロックを翻弄し、ライン間のギャップを上手く突いたが、フィニッシュの不正確さが足を引っ張った」と評しつつ、後半のペースダウンと終盤のボール回しについては「見るべきものはなかった」と綴った。チーム最高の「7」を付けたのが川島永嗣。「33分のスーパーセーブは光り輝いていた。結果を見ればカワシマの堅守が日本をベスト16に導いたといっても過言ではない」と称えている。

 
 一方でポーランド代表のエース、ロベルト・レバンドフスキには両チームを通じて最低評価となる「4」の採点。「この日も敵ディフェンスの脅威となり得ず、バイエルン・ミュンヘンの前線の核は無得点で大会を終えた。失望しかないだろう」と断じた。日本では槙野智章と岡崎慎司が「4」にレイティングされている。
 
 同誌の選手採点(スタメンのみ)は以下の通りだ。
 
[日本代表]
川島永嗣 7
酒井宏樹 5
吉田麻也 5
槙野智章 4
長友佑都 6
山口蛍 5
柴崎 岳 6
酒井高徳 5
武藤嘉紀 6
宇佐美貴史 5
岡崎慎司 4
 
[ポーランド]
ファビアンスキ 6
ベレジンスキ 4
グリク 5
ベドナレク 6
イェンジェイチク 5
クリホビアク 6
グラルスキ 7
グロシツキ 7
ジエリンスキ 4
クルザワ 7
レバンドフスキ 4


【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ