柴崎岳、GL突破も達成感なし! 日本初の8強入りへ「これからが本当の戦い」【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月29日

スタンドからのブーイングにも「そんなにやりにくさは感じなかった」

試合後、柴崎の表情に笑顔はなかった。ベルギーとの決勝T1回戦での躍動を期待したい。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

[ロシアW杯グループH]日本0-1ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード・アレーナ

 日本代表が2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。

 28日にポーランドとのグループリーグ最終戦を戦った日本は、0対1で敗れたものの、もう一方のカードでコロンビアがセネガルに1対0で勝利。この結果、日本がセネガルと勝点、得失点差、得点差で並んだが、累積警告の数などで表わされるフェアプレーポイントの差で上回り、グループHをコロンビアに続く、2位で通過した。

 試合後、ボランチとして3試合連続でスタメン出場した柴崎は、ポーランド戦の内容を振り返り「(個人的には)表現するのが難しい試合だったかなと」と話し、思うような試合ではなかったと明かすと、「前半はミス絡みのカウンターをけっこう受けたし、一進一退のなかで暑さから体力の消耗も激しかったし、過去2戦に比べてパスワークなどで物足りなさはあった。その分、ペナルティエリアに近づくプレーやバイタルエリアに入り込むプレーは少なかったかなと思う」と、本来のパフォーマンスを出し切れなかったことを悔やんだ。

 試合途中には、グループリーグ突破を確実なものとするため“時間稼ぎ”のパスを回す日本に対して、スタンドから手厳しいブーイングも飛んだが、これについては「僕はそんなにやりくにくさは感じなかった。自分たちにとって何が大切なのかというのが一番だと思うし、そこは割り切って」と、淡々と振り返った。ただし、「もちろんいい試合をしたとは思っていないけど、1次リーグを突破するという最終的な目標を突破するために重要なプレーだったと思っている」と、指揮官の決断を尊重する姿勢を見せた。

 一方で、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めたということに対しては、柴崎自身「もうちょっと達成感があるものかなと思ったんですが、意外になくて」と、16強入りにも特別な感慨にふけることはなかったようだ。

「これからが本当の戦いだと感じているし、今まで日本代表が成し遂げられなかったベスト16の壁というものにチャレンジしなければならない。僕はイングランド、ベルギー、どちらでもいいと思っているので(※その後、決勝トーナメント1回戦の相手はベルギーに決定)、本当にチャレンジャーとして良い結果を出したい」

 グループリーグ突破はもう過去のこと。柴崎が見据えるのは、日本代表初のベスト8入りだ。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ