「地獄からの脱出」「叫ばずにいられない」 アルゼンチンの奇跡の16強入りに母国も歓喜!【ロシアW杯】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月27日

劇的勝利に全国紙は大興奮!

決勝ゴール後、ロホは全選手たちにもみくちゃに。それほど感情が高ぶる一撃だった。 (C) Getty Images

画像を見る

【6月26日・サンクトペテルブルク|グループD  アルゼンチン 2-1 ナイジェリア】

 窮地に追い込まれたアルゼンチンだったが、土壇場で死地から這い上がった!

 2002年日韓大会以来のグループリーグ敗退の危機にあったアルゼンチンは、14分に大黒柱のリオネル・メッシの鮮やかなゴールで先制するも、後半開始早々51分にハビエル・マスチェラーノがPKを献上。それをヴィクター・モーゼスにねじ込まれて同点とされた。

 その後は、焦りから本来の華麗な攻撃ができなくなったアルゼンチン。対するナイジェリアは、引き分けでも突破が決まるため、精神的に余裕があり、相手の力任せな攻めを冷静にかわしていった。

 刻一刻と時間が過ぎるなかで、追い詰められていくアルゼンチンに歓喜の瞬間が訪れたのは、86分だった。右サイドを突破したガブリエル・メルカドの絶妙なクロスボールに、攻め上がっていたCBのマルコス・ロホがボレーで合わせたのだ。

 これで勝ち越したアルゼンチンは、残り時間でナイジェリアの反撃をかわし、見事に今大会初勝利。グループ2位に浮上し、決勝トーナメント進出を決めた。

 危機的状況からの脱出劇に歓喜したのは、アルゼンチン・メディアだ。全国紙『Ole』は、「奇跡のW杯!」と大々的な見出しを打ったマッチサマリー内で、情熱的な文章を綴っている。

「叫ばずにはいられない。地獄の寸前で脱出したのだ。90分に渡ってアルゼンチンは苦しみ続けた。PKの瞬間には、夢を見続けることができないと覚悟した。ただ、我々は勝ち抜いたのだ。サンクトペテルブルクでは、レオ(メッシ)も、ディエゴ(マラドーナ)も、観客も、そして我々メディアも全員が叫んだ。

 時に勇気は、結果に結びつかない時がある。しかし、今夜はロホの果敢な攻め上がりが全てを与えてくれた。彼の決断とアイデアがなければ、我々がこうして叫ぶことはできなかった」

 また、同じくアルゼンチンの有力紙『La Nacion』は、「ラスト5分で歓喜! 苦しみ抜いた末に生き残った」と題し、値千金の勝ち越し弾を決めたマルコス・ロホについては、「直前にハンドを疑われ、PKを与えてしまいそうになった男が試合を決定付けた」と記した。

 土俵際まで追い詰められながらも、何とか持ちこたえたアルゼンチン。勝ち上がった決勝トーナメントでは、いきなりフランスとのビッグマッチを迎えるが、この勢いを勝利に結びつけられるか!? 今大会屈指の好カードの行方に注目だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月11日号
    1月28日発売
    2021年度版
    J1&J2全42クラブ
    戦力充実度
    ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ