「正直、勝てると思ってた…」セネガルの主将マネ、西野ジャパンとのドロー決着に悔恨

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月25日

最終節のコロンビア戦に決勝T行きを懸ける!

2度も追いつかれて勝利を逃したセネガル。試合後に結果への悔しさを露にしたのはセネガルのエースであるマネだ(10番)。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間6月24日のワールドカップ・グループH第2戦、日本vsセネガル戦は、両軍が攻撃的な姿勢を貫く見どころ満載の一戦となった。

 この試合を突き動かしたのは、セネガルの“韋駄天”サディオ・マネだ。背番号10を背負って試合前から警戒されていた男は、11分に抜け目のなさを見せる。ユースフ・サバリの強烈なシュートを日本代表GK川島永嗣がファンブルすると、素早くこれに詰めて先制点を奪っていた。

 最後までピッチに立ち続け、日本守備陣の脅威であり続けたマネは、試合後、先制点のシーンについては、次のように振り返った。

「皆さんがご覧になった通り。クロスが入ったのでボールをフォローしたら、足に当たってボールが入った。本当に当たっただけという感じだ」
 

 ストライカー顔負けの嗅覚をゴール前で発揮した以外に、多彩なキックで得点機を演出してもいたマネだが、セネガルは2度のリードを奪いながら、いずれも追いつかれて、勝点3を逃した。そのことをキャプテンという責任ある立場にいる26歳のFWは強く悔いた。

「正直、勝てると思っていた。だから全員が悔しがっているよ。序盤は良かったけど、得点して同点にされてしまった。そして後半も同じことをやってしまったんだ。チャンスはたくさん作れていたし、勝てる道があった。それなのに道を外れたんだ。ただ、日本も良いプレーをしていた。これは認めないといけない」

 日本と並びグループ首位に立ったセネガルだが、油断は禁物だ。28日のコロンビアとの最終戦の結果次第では、グループリーグ敗退の危険性もある。「次の試合に全てが懸かっている。何としても勝点を取って16強に入りたい」と語気を強めたマネの思惑通りに、“ライオン軍団”は決勝トーナメント進出の夢を叶えられるのだろうか。注目したい。

【データで見る】日本×セネガル|詳細マッチスタッツ

【日本代表PHOTO】日本 2-2 セネガル|本田の同点ゴールでドロー終了、グループ突破は次戦に持ち越し

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ