「日本の方が良いチーム」「今大会のベストマッチだ」 セネガル戦の西野ジャパンに世界が興奮!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月25日

世界の豪華解説陣は日本をどう見たか?

追い込まれたなかで日本を救ったのは途中出場の本田。乾からのクロスを左足で冷静に流し込んだ。 (C) Getty Images

画像を見る

【6月24日・エカテリンブルク|グループH 日本 2-2 セネガル】

 立ち上がりから痺れるゲーム展開で進んだゲームは、最後までどちらに転ぶかが読めない好ゲームとなった。

 互いにグループ初戦で難敵を撃破して迎えた一戦。先手を取ったのはセネガルだった。11分にユースフ・サバリのシュートを川島永嗣が弾き、そのボールがサディオ・マネの足に当たってゴールラインを割った。

 先に失点を喫して苦しくなった日本だったが、そこから攻勢に転じて互角の展開に持ち込むと、34分に乾貴士が右足で鮮やかなコントロールショットを決めて同点とする。

 1-1で折り返した後半は、ハイプレッシャーと球際で強くいった日本が幾度もチャンスを創出するも、決定機を逸し続けていると、セネガルがワンチャンスを活かす。71分、左サイドを抉ったサバリのクロスボールがファーサイドに流れ、ゴール前に走り込んでいたムサ・ワゲがねじ込んだ。

 それでも、この日のサムライたちは屈しない。78分、セネガル陣内の左サイド深くで、乾がクロスボールを入れると、ゴールの右手前でフリーとなっていた途中出場の本田圭佑が得意の左足で冷静に決めた。

 ハイレベルなバトルが随所で見られた戦いは2-2のドローで決着がついたが、試合後、この一戦における日本のパフォーマンスを高評したのは、元イングランド代表FWのガリー・リネカーら豪華解説陣をロシアに送り込んでいる英公共放送「BBC」だ。

 この試合もライブ速報で伝えていた「BBC」は、2点差を追いついた日本について、「19歳のワゲのゴールでセネガルが素晴らしい勝利を挙げたかに思われたが、ケイスケ・ホンダが日本を救った」と記した。

 さらに同メディアで中継を担当していた元プレミアリーグ戦士の豪華解説陣も、独自の分析を展開している。

 元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバは、「良いプレーをしていたのは日本の方。彼らの方がベストチームだった」と語ったうえで、「どちらのチームもGKのミスが痛恨だった。あれには失望したね。あんなミスが出たなかで勝つのは難しい」と、両軍の守護神を批判した。

 さらに『BBC』のラジオ中継で解説を担当していた元イングランド代表DFのレオン・オズマンも、好ゲームであったことを絶賛している。

「どちらに土がついてもおかしくなかった。両チームとも良いプレーをしていたからね。守備面で拙さはあったが、攻撃は常に危険だった。このグループの勝ち抜けに近いのは、(ポーランドやコロンビアではなく)おそらく彼らなんじゃないかな」
【関連記事】
「圭佑はW杯に愛された男」盟友・長友が本田を大絶賛!
「ホンダがパーティーをブチ壊した!」英専門誌が西野ジャパンの粘りを激賞!
「日本にワクワクした!」「アニメみたい」仏専門誌が西野ジャパンの出来を絶賛!
現地直送! ロシアを彩る『美しすぎる』世界のサポーターたち
【岩政大樹】日本はセネガルの弱点を掴んでいた!乾のゴールがその象徴だ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ