新天地ブレーメンも誇らしげ! 大迫のW杯コロンビア戦での活躍ぶりをクラブ&メディアが称賛

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月20日

「ブレーメンの今大会初得点者」と紹介

まだプレーしていない新天地から大々的に活躍ぶりを紹介された大迫。クラブ、ファンの期待値は一気に上がったことだろう。 (C) Getty Images

画像を見る

【6月19日・サランスク|グループH コロンビア 1-2 日本】
 
 圧倒的不利を予想されながらも、立ち上がりからハイスパートで試合に臨んだことが奏功し、日本は数的優位を得て、常に先手を取りながらコロンビアを下した。
 
 このサプライズを演出した最大の立役者が大迫勇也だ。開始早々、縦パスに対してフィジカルの強さで抜け出して決定機を作り、相手のハンド→退場&PK判定→先制に結びつけた。
 
 さらに73分には、屈強な相手選手に囲まれながら、競り勝ってのヘディングシュート。ボールは右ポストを叩きながら、ゴールネットを揺らし、これが決勝点となった。
 
 日本中が固唾を飲んで見守り、ゴール、そして勝利の瞬間には歓喜に包まれたが、同様にこの試合の流れ、そして大迫の動向を注視し続けたのが、彼が先日、新たに契約を交わしたばかりのブレーメンだった。
 
 試合前には、「大迫がサムライブルーとともに始動する」と公式ツイッターで煽り、彼が起点となった先制の際には「夢のスタート」。そして決勝ヘッドの直後には「ゴーーーール! 大迫の素晴らしいヘッドでサムライブルーが2-1でリード」と綴り、「来シーズンでも同様のゴールをお願い!」と続けた。
 
 試合後は「大迫は日本のCKからの史上初めてのスコアラーとなり、今大会通算8発目となるヘディングでのゴールを決めた」こと、さらには大迫がFIFAからマン・オブ・ザ・マッチに選出されたことを紹介している。
 
 さらに、公式サイトでもトップニュースで「ケルンからやって来た28歳のストライカーは納得のいくパフォーマンスを見せ、幾つかのチャンスに絡み、73分には3人の相手選手にマークされながらも競り合いに勝って2-1とするゴールを決めた」と、改めて報じた。
 
 獲得した選手が世界の大舞台で活躍すれば、クラブとして嬉しいのは当然だろう。ちなみに公式ツイッターには、ファンからの大迫に対する称賛の書き込みもあった。まだ初戦を終えたばかりだが、大会後、新加入の日本人は大きな期待とともにブレーメンに迎えられることは間違いない。
 
 また、ブレーメンの地元紙『WESER KURIER』も、「未来のブレーメンの攻撃の役者が、最も高く飛び上がってゴールを決め、マン・オブ・ザ・マッチに輝いた」と報道。「公式的に彼はまだブレーメンの契約下にはない選手だが」と前置きしながらも、「今大会で最初にゴールを挙げたブレーメンの選手になった」と紹介している。
 
 ちなみに前所属となったケルンも、公式ツイッターで「ユウヤ、ゴールおめでとう! W杯での成功が続きますように」と大迫を祝福している。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ