トッティのE組大胆予想――スター軍団ではないが、手堅いブラジルは優勝も狙える【ロシアW杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月17日

セルビア、スイスはともに前線にパンチが足りない

【写真】ネイマール(左上)/B・ジェマイリ(右上)/N・マティッチ(左下)/K・ナバス(右下) (C) Gettn Images

画像を見る

かつてイタリア代表の一員として06年のドイツ・ワールドカップを制した“王子”フランチェスコ・トッティに、グループリーグを展望してもらった。このレジェンドの見解からは今大会の全体像も浮かび上がってくるはずだ。

分析●フランチェスコ・トッティ
取材・文●パオロ・フォルコリン(ガゼッタ・デッロ・スポルト)
翻訳・コーディネート●利根川晶子

――◆――◆――

グループE
◎本命 ブラジル
〇対抗 スイス
△穴  セルビア
    コスタリカ

 大本命はやはりブラジル。残るひとつの席をセルビアとスイスが争い、最後尾にコスタリカという構図になるだろう。余程のことがないかぎり、この力関係は崩れない。

 今のブラジルはガリンシャやペレの時代のようなスター軍団ではないが、一方で手堅い選手が揃っている。その代表格が中盤のカゼミーロやフェルナンジーニョ、FWのG・ジェズス。ドイツに惨敗したブラジル大会よりも安定したチームで優勝を狙えるチームに仕上がっている。

 セルビアで特筆すべきは、ファンタジスタのリャイッチと足技に優れたミリンコビッチ=サビッチの急激な成長だろう。でも、頼れるストライカーがいないのは痛い。

 スイスも同じで、ベテランのリヒトシュタイナーがいる最終ライン、強靭なジェマイリが存在感を示す中盤に比べて、前線にパンチが足りない。

 コスタリカがメインキャストになることはあり得ない。レアル・マドリーの守護神ナバスのプレーが唯一の見どころだろう。
 
PROFILE フランチェスコ・トッティ/1976年9月27日生まれ、イタリア出身。現役時代はFWもしくは攻撃的MFでプレー。25シーズンにわたってローマに在籍した。元イタリア代表で、2006年ドイツ・ワールドカップの優勝メンバーである。

※ワールドサッカーダイジェスト増刊『ロシア・ワールドカップ出場32か国完全選手名鑑』(6月7日発売号)より転載

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ