トッティのD組大胆予想――アルゼンチンは今度こそ頂点に立てるかもしれない!【ロシアW杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月16日

台風の目になる可能性もあるクロアチアだが、代名詞の「内部分裂」の危険性も…

【写真】L・メッシ(左上)/L・モドリッチ(右上)/G・シグルドソン(左下)/K・イヘアナチョ(右下) (C) Getty Images

画像を見る

 かつてイタリア代表の一員として06年のドイツ・ワールドカップを制した“王子”フランチェスコ・トッティに、グループリーグを展望してもらった。このレジェンドの見解からは今大会の全体像も浮かび上がってくるはずだ。

分析●フランチェスコ・トッティ
取材・文●パオロ・フォルコリン(ガゼッタ・デッロ・スポルト)
翻訳・コーディネート●利根川晶子

――◆――◆――

グループD
◎本命 アルゼンチン
〇対抗 クロアチア
△穴  アイスランド
    ナイジェリア

 アルゼンチンは間違いなく突破する。ミスを連発しなければ、4年前の再現(決勝進出)、いや、もしかしたら今度こそ頂点に立てるかもしれない。メッシの他にも、ディバラ、イグアイン、アグエロ、ディ・マリア、マスチェラーノ、ファシオ、オタメンディといった説明不要のワールドクラスを擁しており、首位通過は堅いだろう。

 アルゼンチンの進路を阻むとしたら、それはクロアチアか。中盤から前にはラキティッチとモドリッチ、ペリシッチ、マンジュキッチと好タレントがいて、彼らの活躍次第で台風の目になる可能性がある。とはいえ、内部分裂もこの国の代名詞。そうならないよう、ダリッチ監督は手綱を取らないといけない。

 アイスランドとナイジェリアは、ともにフィジカルが強くてタフなチームだ。特にアイスランドは2年前のユーロでベスト8入りと大躍進を果たしていて勢いもあるので、アルゼンチンとの大会初戦は楽しみだ。
 
PROFILE フランチェスコ・トッティ/1976年9月27日生まれ、イタリア出身。現役時代はFWもしくは攻撃的MFでプレー。25シーズンにわたってローマに在籍した。元イタリア代表で、2006年ドイツ・ワールドカップの優勝メンバーである。

※ワールドサッカーダイジェスト増刊『ロシア・ワールドカップ出場32か国完全選手名鑑』(6月7日発売号)より転載
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ