「明らかな人種差別」メッシを見守ったマラドーナがアジア人軽視の吊り目ジェスチャーで問題に!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月17日

ド派手な格好で登場したマラドーナはスタジアムを盛り上げたが…。

試合中は後輩たちの懸命なプレーに一喜一憂していたマラドーナ。しかし、許されざる行為をしてしまったようだ。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 現地時間6月16日、ロシア・ワールドカップは3日目を迎え、首都モスクワで行なわれたアルゼンチン対アイスランドの一戦は、1‐1のドローに終わった。
 
 8割近いポゼッション率をマークし、総数27本のシュートを浴びせるなど、攻めに攻めたアルゼンチンと、ゴール前に10人の分厚い壁を作って最後まで守りに徹したアイスランドの攻防戦は、スタンドで戦況を見守った観客たちの興奮を誘った。
 
 アルゼンチンの言わずと知れたレジェンドであるディエゴ・マラドーナも、そのうちの一人だった。真っ赤なサングランスに、両手に時計というド派手な格好でVIP席に居座り、試合前からスタンドに大挙したアルゼンチン・サポーターを煽るなど、存在感の高さを伺わせると、ついにはタブーも犯す。

 試合会場となったスパルタク・スタジアムは禁煙で巨大ビジョンには「禁煙マーク」が掲示されていたにも関わらず、マラドーナは堂々と葉巻を燻らせて、ご満悦な表情を浮かべていたのだ。
 
 もちろん禁煙となっている場での喫煙はあるまじき行為である。だが、多少のワガママが押し通り、特別扱いを受けられるあたりにサッカー界の“神”たる所以を感じられ、そこまでは許容範囲であった。しかし、試合中にはまずい振る舞いもあった。

 スタンドで取材を行なっていたという英国営放送『BBC』のジャック・オアトリーさんによれば、マラドーナはスタンドに居合わせた韓国人のファンが「ディエゴ!」と声援をおくったのに対して、アジア人軽視と取られる吊り目のジェスチャーをやったというのだ。

 その瞬間を目撃したオアトリーさんは、「彼は目を横に吊り上げる明らかな人種差別行為をやったのよ。それを見た人たちは私を含めて愕然としたわ」と自身のツイッターを通じて報告している。

 アイスランドの堅固な守備に手を焼き、決定打に欠けた後輩たちのパフォーマンスにフラストレーションを溜めていたとはいえ、この行為が事実だとするならば、“神”といえども許されることではない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ