本田圭佑が伊メディアにセリエA復帰を仄めかす?「インザーギの元に戻るかもしれない」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月09日

セリエA昇格プレーオフを戦う恩師にエールを贈って

スイス戦後、吉田(手前)と意見交換する本田。新天地は気になるところだが、現在は日本代表の活動に注力するのみだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 敵地ルガーノで行なわれたスイス戦で、日本代表は0-2の完敗を喫した。4-2-3-1システムのトップ下で先発した本田圭佑は頻繁に顔を出してはプレーに絡んだが、ゴールチャンスを導くには至らず。不本意なパフォーマンスに終始した。
 
 試合後のミックスゾーンで本田を待ち受けていたのは、スイスの隣国イタリアの報道陣だ。2016-17シーズンまでACミランのナンバー10を背負った男を呼び止め、現在のミランやかつての“恩師”へのインプレッションを問いかけた。本田はにこやかに応対し、英語で質問に答えた。イタリア紙『Corriere dello Sport』などが伝えている。
 
「ミランはシーズンを通してすごくチーム力を高めたと聞いてます。(ジェンナーロ・)ガットゥーゾ監督が、たとえ何試合かに負けても選手たちに自信を植え付けた結果でしょうし、僕がずっと大事だと言っていた部分。来シーズンはもっといいプレーができるんじゃないでしょうか」

 
 ミラン在籍時に本田の能力を買い、重用していたのが元イタリア代表FWの“ピッポ”こと、フィリッポ・インザーギ監督だ。現在はセリエB(2部)のヴェネツィアで指揮を執っている。昨シーズン3部で優勝を飾り、今シーズンは5位に躍進。6月11日には昇格プレーオフ準決勝(パレルモ戦)の第2レグを戦う予定で、このトーナメントを制すれば、A昇格が決まるのだ。
 
「インザーキはちょうど僕がいた頃の監督で、たくさんのことを学ばせてもらった。本当にあのシーズン(2014-15)は楽しかったし、是非ともヴェネツィアにはA昇格を果たしてほしい」
 
 そして本気か冗談か、こう話してイタリア人記者たちの爆笑を誘うのだ。
 
「僕はフリーの身ですからね。またインザーギの元に戻ってトレーニングをするかもしれない(笑)。ただワールドカップが終わるまでどこが新天地になるかは分からない。終わったらすぐに決めようとは思っています」
 
 2017-18シーズンの本田はメキシコ・パチューカで大いに存在を示し、公式戦32試合に出場して10得点・7アシストと気を吐いた。しかし現行契約は6月末で満了となり、いわゆるボスマン・プレーヤーとなるのが確実。移籍金ゼロで活躍の場を移すと目されている。

 
【関連記事】
完敗のスイス戦を本田圭佑が自己分析「ふたつの評価がある」と語った真意は?
【西野ジャパンの最新序列/スイス戦後】“最後の希望”香川と乾にチャンス到来か
【セルジオ越後】日本は先制されたら、終わり。収穫はゼロ。一歩も進んでいない
【スイス戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、松木安太郎、採点&寸評、プレー分析、PHOTOギャラリーetc.
「勝つ気あるのか!」「崩され方がウイイレ」スイス戦完敗の日本代表にファンから批判殺到!
「この日本戦はあまりにもイージー」スイス紙が母国代表を絶賛する一方で西野ジャパンを…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ