ポーランド人記者が語る本田圭佑と香川真司。「モストデンジャラス」なのは…

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月07日

「日本で最も危険な選手は?」と問うと、ラドムスキ記者は即答した

香川と本田。「モーストデンジャラスなのは…」。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ポーランドのスポーツ紙『Przeglad Sportowy』のヤクブ・ラドムスキ記者は、グループHの勢力図をこう予想する。もっとも力があるのはコロンビアで、日本についてはポーランドやセネガルよりも戦力的に劣る、と。
 
 日本の代表チームにもっとも関心を持ったのは、中田英寿や川口能活がプレーしていた時代。当時に比べると、今の日本代表は魅力さが失われているという。3月のマリ戦やウクライナ戦を観戦した際には、「あまりにアイデアがないところに正直驚いたし、単純に弱さに驚いた」。
 
 ラドムスキ記者はこう言葉を継ぐ。
 
「(日本代表には)優秀な選手が多い。香川、岡崎も過去は良かった。でも、今は彼らもピークとは言えない。もちろん本田は素晴らしい選手で、過去のワールドカップではゴールもアシストもしている。そこがピークだったのかなと。メキシコでプレーしていたのも偶然ではない。やっぱりメキシコ・リーグはセリエAやブンデスリーガよりも劣る。そこで得点しているからといって、今が彼の全盛期とは思わない」
 日本代表は以前より弱体化しており、その象徴が本田ということだろうか。
 
 では、「日本で最も危険な選手は誰なのか」。そうラドムスキ記者に問うと、「モストデンジャラス?」と言ったあと、「カガワ」と即答した。
 
「ドルトムントのサッカーが個人的に好きで、クロップ監督の下でレバンドフスキや香川がプレーしていたチームは当時のバルサよりも魅力的だった。なかでも、香川のプレーは最高だったね」

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】いよいよオーストリア・ゼーフェルトでの事前合宿がスタート!

【日本代表の合宿地、ゼーフェルトってこんなとこ!】日本代表のW杯事前合宿地、ゼーフェルトを紹介します。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ