代表落選の井手口陽介にリーズ・ファンも同情…「恥ずべき決定のせい」「W杯にいく力はあるのに」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月02日

レオネサへの期限付き移籍が裏目に…。

ガーナ戦は後半の途中から出場したが、W杯行きは掴めなかった井手口。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 5月31日、ロシア・ワールドカップに臨む日本代表メンバー23人が発表された。

 4月のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の電撃解任を受け、急遽就任した西野朗監督が読み上げたメンバーは、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司といった熟練の戦士たちの名前で、浅野拓磨、井手口陽介、三竿健斗の3人が漏れることになった。

 発表前日のガーナ戦に出場しながらW杯行きのチケットを逃した井手口は、浅野とともに帯同メンバーには回ったが気落ちしていることだろう。西野監督は落選の理由を次のように説明している。

「ゲーム観ということだけです。フィジカルや感覚的なものは非常に高まってはいましたが、本大会にトップフォームで入れるかという確証が持てなかった」

 昨年8月31日のW杯アジア最終予選オーストラリア戦で、日本を本大会出場に導く決勝ゴールを奪った井手口は、その当時、ロシア行きが確実視されていた。しかし、今冬にリーズへ移籍するも、就労ビザの関係でスペイン2部のクルトゥラル・レオネサにレンタルで加入。これを機に状況が一変した。

 プレー時間の確保と欧州に慣れるという意味もあり、井手口はスペインへ武者修行に出されたのだが、残留争いに巻き込まれたレオネサにあって先発出場1試合の計5試合の出場に留まり、2月以降はピッチにすら立てず、“ゲーム観”が薄れたのは言うまでもなかった。
 
 井手口がW杯メンバーに落選したことを知ったリーズ・ファンからは同情の声が相次いでいる。

 英国サッカー専門メディア『HITC』は、井手口の落選がクラブの雑な扱いがもたらしたものだと考えているファンが多いことを伝え、「極東の傑出した若き才能に危機が生じている。これがクラブへの疑念に繋がっている」として、彼らの声をまとめている。

「リーズとレオネサは彼のキャリアに大きなダメージを与えた。唯一ポジティブな点はW杯に行かないため、プレシーズンからチームに戻れることだけだ」

「リーズが下した恥ずべき決断」

「リーズと(オーナーの)アンドレア・ラドリザーニは恥を知れ。イデグチはファーストチームでプレーするだけの力があって、W杯にも出場できた」

「彼には同情する。かわいそうな若者だ」

 多くのファンから同情の声を受けた井手口だが、いまだその去就は不透明な点が多い。今夏からリーズへの正式加入が決まっているものの、6月1日にクラブがポール・ヘッキンボトム監督を解任したことで、その煽りを受けて退団またはレンタル放出という可能性もゼロとは言い切れない。

 はたして、井手口は落ち着いて自身の力量を発揮できる環境を得られるのだろうか。
 
【関連記事】
「日本は重大な過ちを犯した」仏誌編集長が西野ジャパンを推さない“3つの理由”
【セルジオ越後】なんでGK以外が一括り?選考基準も曖昧で「年功序列」と言われても仕方ないよ
【日本代表】W杯23戦士「背番号の系譜」が面白い! 本番でゴールを挙げるラッキーナンバーは?
井手口陽介が今夏リーズに合流! 強化スタッフ藤田俊哉氏が日本代表MFの可能性に言及
コロンビアが親善試合で充実ぶりを披露! 知将ペケルマンは日本戦へ必勝宣言「倒すために力を尽くす」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ