香川真司が“キング”との豪華2ショットを公開! そして長文ブログで明かした熱き決意…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月02日

「シンジが家に来てくれた」とキングカズ

4年前の借りを返し、日本代表を躍進へと導けるか。香川がブログで綴ったのは、不退転の決意だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 6月1日の深夜、日本代表MF香川真司が自身のLINEブログを更新した。
 
 水曜日のガーナ戦では後半頭から登場し、背番号10を付けて奮闘するも得点には絡めず。ワールドカップ最終登録の23枠入りに暗雲が垂れ込めていたが、晴れてメンバー入りを果たし、金曜日は午前中から取材対応等に追われていた。
 
 ブログではワールドカップへの想いを赤裸々に語り、なにより後進であるサッカー少年たちへの熱意を吐露。「日本代表の試合を見て一人でも多くの子供たちが“スポーツをしたい!”“サッカーをやりたい!”と思えるようなそんな大会であってほしい。そんなワールドカップにしなくてはいけない」と、決意のほどを明かした。
 
 メッセージの下部には、不死鳥のごとく翼を広がる香川のイラストを公開。およそ1か月前にボルシア・ドルトムントで復帰した際にツイッターで披露したもののサムライブルー版だ。そしてさらにその下には貴重な2ショット写真が……。なんと登場しているのはキングカズこと三浦知良。横浜FCのスーパーレジェンドは金曜日のチーム練習後に取材に応じ、「昨日(5月31日)の夜、シンジが家に遊びに来てくれて、僕の“落選”を慰めてくれました」と冗談交じりに語り、香川と再会したことを明かしていた。
 
 屈辱にまみれた前回ブラジル大会から4年、さまざまな想いを胸に携えて、ロシアの地を踏む香川。以下が熱きブログの全文だ。


 
久しぶりにブログを書きます。
 
ブラジルでの4年前の悔しさ。 
その悔しさがあったから、どんな事があってもこの4年間やり続ける事ができた。
自分がプロサッカー選手として歩んできた経験の中で本当に色々な事があったこの4年間。
 
ただ何よりも感じた事。
それは日本の代表として戦う事への誇りだと思います。
 
今回のワールドカップは僕にとって色々な意味がある大会。
 
4年に一度世界で日本代表として戦える事。
僕の目標でもありましたから。
 
今回ロシアワールドカップメンバーに選んで頂けた事。
本当に嬉しく思います。
 
僕を応援してくれるサポーターの皆さん。
支えてくれるSTAFFの皆。
僕に関係する数多くの関係者の方々。
そしてともにプレーする選手の仲間達。
 
皆さんがいるから僕がサッカー選手としてプレーできている事。
本当に感謝しています。
 
そして、スポーツの良いところ。
僕は数多くあると思っています。
 
今回のロシアワールドカップで、日本代表の試合を見て一人でも多くの子供たちが
 
スポーツをしたい!
サッカーをやりたい!
 
と思えるようなそんな大会であってほしい。
そんなワールドカップにしなくてはいけない。
僕はそう思います。
 
僕も小さな頃、
サッカーを見て、
憧れの選手がいて、
その選手の背中をずっと見てサッカーをしていました。
 
そんなサッカー選手 香川真司でありたい。
 
そう思います。
 
では今から代表に合流してきます。
 
頑張ってきますね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ