神戸の強力2トップが揃い踏みの4ゴール!札幌はふたりが退場して12試合ぶりの黒星

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月20日

ウェリントンが全4ゴールに絡む活躍

絶好調のウェリントン(17番)。ヒーローインタビューでは、「中断期に入るのが残念」と本音を漏らした。写真:川本学

画像を見る

[J1リーグ15節]神戸4-0札幌/5月20日/ノエスタ
 
 神戸の強力2トップが爆発した。J1リーグ15節の札幌戦で、ウェリントンと渡邉千真が揃って2ゴール。ホームチームは守っても無失点に抑え、好調を維持していた北の雄を4-0で粉砕した。
 
 まずは9分、ウェリントンがCKに合わせてヘディングシュートを見舞う。さらに、このブラジル人は、23分にも田中順也のクロスを右足で仕上げて2点目をゲット。

 2-0で折り返した後半は、55分にウェリントンが頭で落としたボールに渡邉が反応し、GKとの1対1を制してリードを広げる。さらに、相手が69分、73分とふたりの退場者を出して数的優位に立つと、87分にウェリントンの巧みなヒールパスを受けた渡邉が、左足で4点目を叩き込んだ。
 
 2ゴール・2アシストと全得点に絡んだウェリントンは、ヒーローインタビューで「自分でも2点を取れて、2アシストで仲間にも貢献することができた。特別な日になりました」と会心の笑みを見せ、「チャンスを与えてくれた監督のために結果も残せて、個人的にも嬉しく思っていますし、それ以上に皆さんの前でチームが勝てたことが何よりだと思っています」とサポーターに呼びかけて勝利を喜んだ。
 
 ウェリントンは2試合連続ゴール。ポドルスキの負傷によって与えられたチャンスをきっちりと活かし、存在をアピールした。
 
 この勝利で神戸は勝点を22に伸ばし、6位に浮上した。一方、札幌は無敗記録が11でストップ。3月10日の3節・清水戦以来の黒星を喫し、暫定5位に後退している。
 
【関連記事】
ペップやシャビのときと異なるファンの反応に「イニエスタの偉大さ」が凝縮されている
去就注目のイニエスタ 「来週発表する。どこに行くかは自分で言いたいんだ」
【セルジオ越後】結局、ハリルの見立ては正しかった?“西野シェフ”の腕の見せどころだ
広島、2位に9差の独走状態でブレイク突入! 城福監督は敗戦に苦言を呈すも前向きな見方
日本代表のGK中村航輔にアクシデント…名古屋FWとの交錯で頭から地面に落下し、担架で搬送

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ