手越祐也が考える歴代myベストイレブン「中心はラモスさん。両SBは親交のあるふたり」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年05月10日

「カズさんはプロの鑑」

トップ下はラモス、1トップにはカズを選出。

画像を見る

 Jリーグは5月15日に25周年を迎える。記念すべきシーズンを祝し、サッカーダイジェストでは、現役選手や著名人に歴代ベストイレブンを考えてもらった。今回は、NEWSの手越祐也さんが選んだmyベストイレブンを紹介しよう。
 
●手越祐也(NEWS)
 相当に悩みました。でも初めから決めていたのはラモスさんを中心に据えること。僕はラモスさんに憧れて小6の時にFWからトップ下にポジションを変えました。それほど好きで、今なお“ナンバー1プレーヤー”です!
 
 そのラモスさんの左右には(中村)俊輔さんとディアス選手を選びました。俊輔さんのキック精度は日本一。左サイドからでもチャンスを作ってくれるはずです。ディアス選手の中盤起用は違和感があるかもしれませんが、カットインから自慢の左足でゴールを決めてもらいたいです。
 
 ボランチはヤットさん(遠藤)と本田さん。ゲームメーカーのヤットさんとともに、相手エースを封じる守備職人の本田さんはチームに必ずいてほしいタレントです。
 
 SBは歴代最高と言える(長友)ユウトと(内田)アツト。ちなみにふたりとはプライベートでも親交があって、同じ歳のアツトとは渋谷を一緒に歩いたこともありました。僕がファンの方に囲まれた時、アツトは遠くから笑って見ていました(笑)。
 
 CBには井原さんとトゥーリオさん。熱く戦うトゥーリオさんを冷静に井原さんがコントロールする。良いコンビだと思います。
 
 GKは“クモ男”ことシジマールさん。今でこそクルトワ選手(チェルシー)ら長身で手足の長い選手は当たり前ですが、当時はその風貌とセービング力に衝撃を受けました。
 
 最後に1トップはカズさんですね。FWとしての能力は言わずもがなで、スター性もある。自分の魅せ方をよく知っているカズさんから学ぶことは多いです。プロの鑑です。
 
※『サッカーダイジェスト』2018年5月24日号から転載
 
【関連記事】
「3年総額135億円を飲み込んだ」地元紙がイニエスタと神戸の“交渉舞台裏”を明かす
帰国中のポドルスキが独メディアで古巣復帰の可能性を示唆「ケルンのユニホームをもう一度着たい」
F・トーレス争奪戦にサガン鳥栖が参戦!? スペイン紙が「年俸400万ユーロを用意」と報じる
【J1ベストイレブン】“多摩川クラシコ”完勝の立役者をMVPに! 好セーブ連発の鹿島GKを初選出|13節
「これでナガトモの完全移籍が…」長友佑都とガラタサライに朗報!? インテルが熟練SBを獲得か

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ