「相手を絶望の淵へ落とした」首位攻防戦で決勝弾の森岡亮太を現地メディアが褒めちぎる!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月07日

1ゴール・1アシストの前節に続いて活躍!

2戦連続ゴールを決めて喜びを爆発させた森岡。この決勝弾でアンデルレヒトには逆転優勝の可能性が浮上した。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本代表、期待の司令塔がコンディションを高めている。アンデルレヒトの森岡亮太だ。

 現地時間5月6日、ベルギー・リーグ優勝プレーオフ第7節のクラブ・ブルージュ戦で、アンデルレヒトの日本代表MF森岡亮太は、2試合連続となるゴールを突き刺し、2-1の勝利に貢献した。

 前節のシャルルロワ戦(3-1)でも1ゴール・1アシストという見事なパフォーマンスを披露していた森岡は、今節も2シャドーの一角で先発出場すると、チームが1点をリードした73分に魅せる。

 ペナルティーエリア手前でFKを得たアンデルレヒトは、ファーサイドへのボールをレアンデル・デンドンカーがヘディングで折り返す。この逆サイドに飛んだボールにいち早く反応した森岡は、頭で押し込みネットを揺らした。
 

 アンデルレヒトはその後、80分に相手に1点を返されたものの、何とか逃げ切って勝利。プレーオフの連勝を3に伸ばし、首位のクラブ・ブルージュとの勝点差を「2」として逆転優勝へ望みを繋いでいる。

 決勝点を突き刺し、前節に続いて決定的な仕事をやってのけた森岡へは、現地メディアから賛辞が相次いだ。

 オランダ紙『AD』は、「アンデルレヒトがトップチームを足止めさせる」と銘打ったマッチレポート内で「アンデルレヒトが優勝を懸けた一戦でエキサイティングな戦いを見せた。テオドルチュクとモリオカの2ゴールが勝利を決定付けた」と綴った。

 また、ベルギー国営放送『RTBF』は、「アンデルレヒトがクラブ・ブルージュを倒して優勝争いのサスペンスを復活させる」との見出しを打ち、森岡のパフォーマンスについて次のように評している。

「デンドンカーからの絶妙な折り返しを、モリオカはファーサイドできちんと押し込んでみせた。この日本人のゴールがクラブ・ブルージュのファンの顔を青ざめさせた」

 さらにベルギーの全国紙『Sporza』も、「アンデルレヒトがタイトルレースを復活させた」と見出しを打って、チームの奮闘とともに森岡のゴールを褒め称えている。

「アンデルレヒトは驚くほどに忍耐強く試合を運んだ。クラブ・ブルージュはそれに怒り、我を忘れたことで瞬く間に崩れた。デンドンカーからの折り返しを不可能な角度から押し込んだモリオカのゴールは相手チームを絶望の淵へ突き落とした」

 ベルギー・リーグの優勝プレーオフは残り3試合。首位を撃破して猛烈な追い上げを見せる2位のアンデルレヒトは、はたして逆転優勝を成し遂げられるのか。好調を維持する森岡の活躍とともに注目していきたいところだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ