広島が粘りの守備で首位キープ!青山のPKで先制し、終了間際にパトリックがトドメの一撃

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月06日

3試合連続の2-0勝利!2位・FC東京との勝点差は8に

PKで先制点を決めた青山。配球も冴えた。写真:川本学

画像を見る

[J1リーグ13節]広島2-0神戸/5月6日/Eスタ
 
 J1リーグ13節の広島対神戸が6日、エディオンスタジアム広島で行なわれ、広島が2-0で勝利した。
 
 2連勝中の広島は、この試合でも先手を取る。0-0で迎えた42分、左サイドでボールを奪った柏好文が、オーバーラップしてきた佐々木翔にパス。佐々木がそのままペナルティエリア内に侵入し、神戸DFのファウルを誘ってPKを獲得する。このPKをキャプテンの青山敏弘が冷静に沈めた。
 
 リードを奪ったホームチームは、持ち前の堅守で神戸の攻撃を撥ね返し、そのまま1点リードで前半を折り返した。
 
 後半は連戦の疲れからか、やや運動量が落ちて神戸にポゼッションを譲り渡したが、それでもDF陣がゴール前で身体を張って最後の局面を突破させない。試合終盤にはGK林卓人もビッグセーブを披露。そして、アディショナルタイムの90+3分に、カウンターからパトリックが試合を決める2点目を叩き込んだ。
 
 広島は3試合連続のクリーンシートを達成。この勝利で勝点を34に伸ばし、2位・FC東京との差を8に広げた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ