柏の猛攻を耐えた磐田がエースの一発で逆転勝利!決勝弾の川又堅碁は今季5点目

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月05日

試合を優勢に進めたのはホームチームだったが…

川又が会心の決勝点!荒木のクロスを豪快にヘッドで合わせた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ13節]柏1-2磐田/5月5日/三協F柏
 
 J1リーグ13節の柏対磐田が5日、三協フロンテア柏スタジアムで行なわれ、2-1で磐田が逆転勝利を収めた。

【柏 1-2 磐田 PHOTO】山田、今季初ゴール!過酷な連戦を2連勝で終え、磐田サポーター大熱狂!
 
 先制したのはホームの柏だった。14分に伊東純也が右サイドを突破し、鋭いグラウンダーのクロスを供給。これをエリア内に走り込んだ江坂任が押し込み、ホームの観衆を沸かせた。
 
 対する磐田は23分、松浦拓弥がドリブルで相手を揺さぶり、ペナルティエリア付近の山田大記にパスを通す。ボールを受けた山田はエリア外から思い切り右足を振り抜き、豪快なミドルをネットに突き刺した。
 
 試合が振り出しに戻った後は、柏が押し気味に進め、両翼のスピードを活かしたサイドアタックやキム・ボギョンのミドルなどでゴールに迫る。しかし、なかなか追加点を奪えずにいると、磐田が少ないチャンスをモノにした。
 
 決勝点が生まれたのは、試合終盤の84分だ。途中出場の荒木大吾が右サイドをドリブルで突破。フリーでクロスを上げると、川又堅碁がDFとの競り合いを制してヘッドで叩き込んだ。
 
 殊勲の川又は「クロスが本当に良かったので今日も合わせるだけでした」と荒木のアシストに感謝し、「みんな我慢強く身体を投げ出した守備や球際のところで負けてなかったので、最後にこういう結果が出たと思います」と試合を総括。粘り強く戦った結果の勝点3に大きな手応えを語った。川又は今季5点目。直近5試合で3ゴールと着実に調子を上げている。
 
 磐田はこの勝利で勝点を21に乗せ、暫定5位に浮上。一方の勝点17の柏は、順位変わらず。直近のリーグ5試合で2勝3敗と苦しい状態が続いている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ