「選手たちは狂ってた!」リバプールの“ロックンロールなサッカー”に熱血漢クロップも感激!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月03日

クロップ、改善点を訴えつつも、決勝へ自信!

自身の監督キャリアで2度目となるCL決勝へ駒を進めたクロップ。ドルトムントを率いた12-13シーズンはバイエルンに苦杯を飲まされたが、今回、マドリー相手に雪辱を果たせるだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 イングランド・サッカー界の名門リバプールが、久々の欧州の頂点へあと一歩のところまで駒を進めた。

 現地時間5月2日、チャンピオンズ・リーグ準決勝の第2レグがスタディオ・オリンピコで行なわれ、リバプールはローマに2-4で敗れたものの、合計スコア7-6で決勝進出を果たした。

 第2レグの前には、ローマが準々決勝のバルセロナ戦で3点差をひっくり返すドラマを演じていたことから、巷では“奇跡の再現”が騒がれていた。

 しかし、第1レグを5-2と勝利していたリバプールは、9分にサディオ・マネが先制点を挙げ、貴重なアウェーゴールを突き刺したことで、ロマニスタが思い描いていた“幻想”を打ち破る。

 その後、15分にジェームズ・ミルナーがオウンゴールを献上したものの、25分にジョルジニオ・ヴァイナルダムのゴールで勝ち越しに成功。52分にエディン・ゼコ、86分と後半アディショナルタイム2分にラジャ・ナインゴランにゴールを許したものの、合計スコアで逆転を許すことはなかった。

 自慢の攻撃陣によるゴールラッシュが、突破に繋がったリバプール。指揮官のユルゲン・クロップが言う“ロックンロールなサッカー”で、前身のチャンピオンズ・カップ時代を含め、クラブ史上8度目の決勝へ駒を進めた。
 

 試合後、熱血漢クロップは、「我々のやってのけたことは、100%の価値がある」と興奮気味にコメントを残している。

「立ち上がりは野性味に溢れていたね(笑)。後半の守備には多くの改善点があるとも思っているよ。ただ、大半の選手がCL準決勝という大舞台が初めてだったから、普通の神経を保つことが重要だった。

 我々がやってのけたことには、100%の価値がある。確かに今晩は敗れたかもしれない。しかし、マドリーだって昨日は少しの運を必要として、さらにユベントスにも最後の最後まで追い込まれた。我々には、決勝までに2週間も時間がある。きちんとした準備をして、最善を尽くすさ。

 ただ、今日の選手たちのプレー、個性、メンタリティー、そしてフットボール。全てが狂っていた! 本当に最高だった!」

 自身にとっては、ドルトムントを率いた2012-13シーズンにウェンブリーでの決勝に進出して以来の大舞台に上がるクロップ。当時は宿敵バイエルンに苦い思いをさせられただけに、「今度こそ」と期する想いを持っているはずだ。

 はたして、熱血漢クロップとともに突き進み、ついにビッグイヤーに手の届くところまできたリバプールは、大会連覇中の覇者マドリーに臆することなく戦えるのか。ウクライナのキエフで行なわれる決勝が待ち遠しい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ