半端ないクラブ愛にジーコも感動! ブラジルで仰天の“半身タトゥー”が話題に

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月28日

妻の反対を押し切って決意。

苦痛に耐えて、“ユニホーム・タトゥー”を完成させたドス・アンジョスさん。その表情は実に誇らし気だ。 ※写真はインスタグラムより

画像を見る

 王国ブラジルのサッカーにかける愛情は生半可なものではない。

 現地時間4月27日、英大衆紙『The SUN』は、ブラジルの超名門フラメンゴの“超”熱烈なサポーターであるホセ・マウリシオ・ドス・アンジョスさんの“ある”部分が話題となっている。

 幼少期からフラメンギスタ(フラメンゴの熱烈なファン)として育ったドス・アンジョスさんは、なんと赤黒ユニホーム型のタトゥーを上半身全体に彫り込んだのだ。

 日頃からサッカーをあらゆる角度から切り取っている『TheSUN』紙は、「彼はフラメンゴのスーパーなファンだ。彼は二度とユニホームを着る必要がなくなった」と驚きを持って紹介している。

 同紙によれば、現在33歳のドス・アンジョスさんは、18歳になるまで父親からタトゥーを入れることを禁止されていたが、「常にフラメンゴのユニホームを彫りたいと思っていた」という。ちなみにこの驚きのタトゥーを完成させるのに、約1年、90時間以上を擁して身体に針を入れる苦痛に耐えてきたようだ。

 

 さらに愛する妻からも「ちょっと待って、あなた頭おかしいんじゃない? やめて!」と言われたというドス・アンジョスさんだが、何よりも愛するフラメンゴへの想いから背に腹は代えられないと決意した。

「多くの人が、『常にユニホームを着てるみたいでおかしくないか?』って聞くんだけど、僕からしてみれば普通のことだよ。それにみんなは言うほど嫌っていないと思うよ。妻も今ではこのタトゥーを気に入ってくれているよ」

 昨年12月には、タトゥーに感銘を受けたという同クラブの伝説的なOBで、元日本代表監督のジーコとも対面。その際には身体にサインをしてもらったというドス・アンジョスさんは、「これからも僕は腕や足にフラメンゴのタトゥーを入れるよ」と、“愛の証”を増やしていくことをにこやかに明かしている。
【関連記事】
イブラヒモビッチが衝撃的な新タトゥーを披露してファン熱狂!「獅子の魂を宿している」
【4.27緊急会見】衝撃告白のハリル。「誰も何も教えてくれなかった」
ハリル解任に疑問を投げかける槙野智章のメッセージ…「JFAの決断に落胆」「問題は存在しなかった」
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!
「パチューカ退団は避けられない」本田圭佑にはスペインやMLSから強い関心が…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ