【J1ベストイレブン】ハットトリックのポルトガル人ストライカーを最高評価! 川崎のバンディエラが開幕戦以来の選出|9節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月25日

川崎、神戸から2選手ずつをピックアップ。

【9節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは4月21日・22日に各地で9節の9試合が行なわれた。ここでは今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介する。

 前半のみで計7得点が飛び出す激しい打ち合いとなった横浜と湘南の一戦から、両チーム1名ずつをセレクト。湘南からは2得点のアレン・ステバノヴィッチをチョイス。そして54秒で2得点を奪うなど最前線で輝きを放ち、ハットトリックを達成した横浜のウーゴ・ヴィエイラを最高点の「7.5」で今節のMVPに選出した。

 昨シーズン優勝争いを繰り広げた鹿島を相手に4得点で快勝した川崎からは、中村憲剛と家長昭博をピックアップ。前者は的確な判断力で攻撃を操り、チームの3点目をゲット。後者は抜群のキープ力と突破力を見せて攻撃を牽引し、2得点に絡む活躍を見せた。

 今季初の2連勝を飾った神戸からは、先制点を奪取したチョン・ウヨンと、2ゴールのポドルスキをセレクト。大阪ダービーを制したG大阪からは、東口の負傷により急遽巡ってきた出番にも慌てず、無失点に抑えたGK林瑞輝を選んだ。

 ダブルボランチには、移籍後初ゴールを挙げた磐田の田口泰士と、中盤の要として君臨した浦和の遠藤航を配置。

 また3バックの残る2枚には、決勝点を演出した広島の水本裕貴と、DFの軸として無失点に抑えた長崎の髙杉亮太を配した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ